HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

滝沢馬琴



 滝沢馬琴は、正式な名は、曲亭馬琴であり、江戸時代後期の読本作者である。明和4年、江戸深川の旗本・松平信成の屋敷において、同家用人・滝沢運兵衛興義、門夫妻の五男として生まれる。

 幼少時より、絵草紙などの文芸に親しみ、7歳で発句を詠んだと伝えられる。17歳のおり、越谷吾山に師事して俳諧を深め、吾山撰の句集『東海藻』に3句を収録している。21歳になると俳文集『俳諧古文庫』を編集している。

 24歳の頃、黄表紙『尽用而二分狂言』を刊行し戯作者として出発、30歳頃からは本格的に創作活動を始めた。読本『高尾船字文』を出し馬琴の出世作となった。滝沢馬琴の作品には『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』などがある。




偉人のプロフィール 〔滝沢馬琴〕のプロフィール。
〔滝沢馬琴〕

滝沢馬琴の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕