HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
みから始まる世界の偉人

〔み〕で始まる日本の偉人



 古来より現代に至るまで日本には非常に多くの〔み〕で始まる偉人がいる。彼らは偉大な業績を残し、日本の文化の発展や歴史の変革に大きく貢献した。

宮崎駿 宮沢賢治 宮本武蔵 源義経
源頼朝 御木本幸吉 三船久蔵 三島由紀夫
三木谷浩史 水木しげる 水野忠邦 水戸黄門
南方熊楠

 宮崎駿は、日本のアニメーション作家・映画監督・漫画家である。彼の作品は、一貫して子供向けに創られていて、子供たちが厳しい現実世界から一時的に避難する場所が必要だとのコンセプトに基づいている。彼の作品中では、子供が主役で善人、大人が悪役という風に設定されることが多い。悪役は単なる悪人ではなく、ちょっと憎めない悪人だから安心して楽しめる。



 宮崎駿の代表作には、『千と千尋の神隠し』 『風の谷のナウシカ』 『天空の城ラピュタ』 『猫の恩返し』 『となりのトトロ』 『魔女の宅急便』 『もののけ姫』 『ハウルの動く城』 『りぐらしのアリエッティ』 など多数がある。

 美空ひばりは、昭和時代に一世を風靡した美人女性歌手であり、少女時代のデビュー以来、数多くの名曲を歌った。
 彼女の代表曲には、『柔』 『川の流れのように』 『東京キッド』 『悲しい酒』 『真赤な太陽』 『リンゴ追分』 『みだれ髪』 『港町十三番地』 『波止場だよ、お父つぁん』 『悲しき口笛』 などがある。

 『みだれ髪』 や 『川の流れのように』 などは現在でもカラオケランキングで常時上位に入る常連カラオケ曲である。。

 これらの偉人の他に、特記すべきこととして、〔み〕で始まる有名歌手はとても多く、三橋美智也や三波春夫、都はるみ、美空ひばりなどがいる。


〔み〕で始まる偉人概要 〔み〕で始まる偉人概要の説明。
宮崎駿
 宮﨑駿はアニメーション作家で映画監督・漫画家でもあります。スタジオジブリに映画監督としていくつかの人気アニメ映画を作成しました。主な作品には、『ルパン三世 カリオストロの城』『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』『風立ちぬ』などがあります。

宮沢賢治
 日本の詩人・童話作家。郷土岩手に基づいた創作を行い、作品中に登場する架空の理想郷に、エスペラント語で岩手を意味する言葉として、イーハトーブと名付けた言葉を創作した。生前は無名であったが、没後に草野心平らにより作品群が紹介され国民的作家となった。『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『ポラーノの広場』『グスコーブドリの伝記』などの作品を残した。

宮本武蔵
 江戸時代初期の剣術家・兵法家。二刀を用いる二天一流兵法の開祖。また、重要文化財指定の水墨画や工芸品を残している。自筆とされる有馬直純宛書状・長岡佐渡守宛書状には「宮本武蔵玄信」と記している。

源義経
 平安時代末期の武将。鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟。仮名は九郎、実名は義經。河内源氏の源義朝の九男で、幼名を牛若丸と呼ばれた。兄・頼朝が平氏打倒の挙兵すると参戦し、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅亡させる。その後、頼朝の許可なく官位を得たりして逆鱗に触れ、逃亡先の藤原泰衡のもとで追い詰められ衣川館で自刃。この悲劇の故に多くの伝説や物語が残る。

源頼朝
源頼朝は平安時代末期~鎌倉時代初期の武将でる。平氏打倒の兵を挙げ鎌倉を本拠として関東を制圧する。源義仲や平氏を滅ぼし、芸詩討伐に活躍した源義経をも追放、最終的に全国を平定しました。1192年には征夷大将軍に任じられ、鎌倉幕府を開き、その後江戸幕府崩壊までの680年間にわたる武家政権の時代を築きました

御木本幸吉
 御木本幸吉は、日本の実業家で、真珠の養殖技術を開発し、真珠産業の基礎をつくりました。世界に絶大なブランド力を誇る御木本真珠店の創業者となり、真珠王と呼ばれました。

三橋美智也
 三橋美智也は、日本の民謡歌手・演歌歌手で、民謡で鍛え上げられた艶やかで伸びのある美声で戦後日本の歌謡史に燦然と輝きました。伸びやかな高音の魅力は今なお絶大な人気を誇っています。彼のヒット曲には、『哀愁列車』『おさらば東京』『古城』『リンゴ村から』『星屑の町』『武田節』『達者でナ』『母恋吹雪』『おんな船頭唄』『あゝ新撰組』『一本刀土俵入り』『お花ちゃん』『夕焼けとんび』『ご機嫌さんよ達者かね』『あの娘が泣いてる波止場』など多数があります。

三船久蔵
 三船久蔵は、日本の柔道家で講道館柔道十段となり、しばしば三船十段と尊称されます。大日本武徳会柔道範士であり、小柄ながら〔空気投げ〕などの新技を編み出し〔名人〕の称を受けました。〔柔道の神様〕と崇められることもあります。

三島由紀夫
 三島由紀夫は、日本の小説家であり、劇作家・評論家・政治活動家・民族主義者です。戦後の日本文学界を代表する作家の一人で、代表作に小説の『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』『憂国』『豊饒の海』、戯曲の『鹿鳴館』『近代能楽集』『サド侯爵夫人』などがあります。晩年には民兵組織〔楯の会〕を結成し、会員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地でクーデターを起こし、切腹して果てました。世間に大きな衝撃を残しました。

三波春夫
 三波春夫は、新潟県三島郡越路町出身の日本の演歌歌手である。彼の歌唱の雰囲気は長編歌謡浪曲と呼ばれる類の歌謡曲で、朗々と歌う姿が印象深い。

 三波春夫は当初、浪曲師をめざしたが、時代が歌謡曲に移りつつあるのを実感して歌謡浪曲の道へと転進した。歌謡界へのデビュー盤『チャンチキおけさ/船方さんよ』を出し大ヒットして人気を博します。第9回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、人気歌手の座を確たるものとしました。

 彼のヒット曲には、『大利根無情』『チャンチキおけさ』『船方さんよ』『元禄名槍譜 俵星玄蕃』『おまんた囃子』『豪商一代 紀伊國屋文左衛門』『東京五輪音頭』『世界の国からこんにちは』『沓掛時次郎』『一本刀土俵入り』などがある。紫綬褒章受章、勲四等旭日小綬章受章、新潟県民栄誉賞受賞などを受賞している。

三木谷浩史
 三木谷浩史は、兵庫県神戸市出身の実業家である。楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長、コボ社取締役、楽天ブックス会長など多くの企業の会長などを務めている。

 1993年にハーバード大学経営大学院を修了しMBAを取得、楽天を創業し会長に就任した。2008年以降、フォーブス誌の日本人富豪ランキング上位にランクインし数千億円の資産を持っているという。

水戸黄門
 徳川光圀は、水戸藩初代藩主徳川頼房の三男であり徳川家康の孫に当たり、水戸藩2代目藩主。『水戸黄門』として知られる。藩主時代、寺社改革や殉死の禁止、快風丸建造による蝦夷地探検などを行う。儒学を奨励、彰考館を設け『大日本史』を編纂した。この書物編纂のために家臣を諸国に派遣したり、隠居後に水戸藩内を巡視したなどから、後世の『水戸黄門漫遊記』と呼ばれる逸話の主となった。

水木しげる
 水木しげるは、鳥取県境港市出身の漫画家である。幼少時、まかない婦として家に出入りしていた景山ふさに可愛がられ、彼女が語り聞かせた妖怪話の強い影響を受けたという。

 戦時中、兵役検査で乙種合格し、1943年に帝国陸軍軍人となり、ニューギニア戦線、ラバウル方面に出征して過酷な戦争体験をし、爆撃で左腕を失う。復員後に上京し1958年に貸本漫画『ロケットマン』で貸本漫画家としてデビューする。その後も様々な漫画を出していたが、『週刊少年マガジン』で連載した『ゲゲゲの鬼太郎』が大ヒットし偉大な漫画家としての地位を固めた。妖怪文化への功績が称えられ、1991年に紫綬褒章を受賞している。

 水木しげるの代表作には『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』『悪魔くん』などがある。

水野忠邦
 水野忠邦は、江戸時代後期の大名で老中職を務めた。いわゆる賄賂作戦で幕府の重臣にまで上り詰めた人物である。将軍・家斉のもとで頭角を現し、文政8年に大坂城代となり、西の丸老中となって将軍世子・徳川家慶の補佐役を務めた。最終的には本丸老中、勝手御用掛を兼ねて老中首座となった。

 忠邦は異国船が日本近海出没や幕府財政の危機に際して、家斉旧側近を罷免し、実力者を登用して、世にいう天保の改革を成し遂げた。しかし、後に腹心の寝返りによって老中職を罷免された。

都はるみ
 都はるみは、日本の歌謡界を代表する女性演歌歌手である。幼少時より芸能好きの母親から浪曲と民謡の特訓を受け育ち、繊細で唸るようなこぶし回しという特有な歌唱法を身につけた。

 1964年『困るのことヨ』で歌手デビューし、『アンコ椿は恋の花』を大ヒットさせ〔第6回日本レコード大賞最優秀新人賞〕を獲得、1976年には『北の宿から』が大ヒットし、多くの音楽大賞を受賞した。

 都はるみのヒット曲には『北の宿から』『大阪しぐれ』『好きになった人』『夫婦坂』『涙の連絡船』『アンコ椿は恋の花』『浪花恋しぐれ』『ふたりの大阪』などがある。

南方熊楠
 南方熊楠は、日本の博物学者、生物学者、民俗学者である。彼は18言語を操り〔歩く百科事典〕と称されるほどの特異な人物であった。その言動は奇抜で人並み外れていたため多くの逸話を残している。

 菌類学者としては粘菌の研究で知られ、菌類の研究では新しい種70種を発見したとされる。主著に『十二支考』『南方随筆』などがある。

美空ひばり
 昭和の歌謡界を代表する日本の歌手で女優。女性として初の国民栄誉賞を受賞。代表曲に『柔』『川の流れのように』『悲しい酒』『真赤な太陽』『リンゴ追分』『みだれ髪』『港町十三番地』など多数がある。