HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
うから始まる世界の偉人

〔う〕で始まる日本の偉人



 古来より現代に至るまで日本にも何人かの〔う〕で始まる偉人がいて、彼らは日本の文化の変革に大きく寄与しました。

上杉謙信 植村直己 内村鑑三 梅原龍三郎

 上杉謙信は、戦国時代の越後国の武将・戦国大名で、後世において「越後の虎」や「越後の龍」などと称されています。

 もともとは越後国の守護代を務めた長尾家出身で長尾景虎と名乗っていました。戦国時代を駆け抜けた武将として知られ、特に「川中島の合戦」では武田信玄と戦ったことで有名です。




〔う〕で始まる偉人概要 〔う〕で始まる偉人概要の説明。
宇沢弘文
 宇沢弘文は、日本の経済学者で、特に専門は数理経済学で、東京大学名誉教授である。意思決定理論、二部門成長モデル、不均衡動学理論などの功績で知られる。

 1983年文化功労者、1989年日本学士院会員、1995年米国科学アカデミー客員会員、1997年文化勲章、2009年ブループラネット賞などを受賞している。

宇野重吉
 宇野重吉は日本の俳優で演出家である。滝沢修らと共に劇団民藝を創設し、第二次世界大戦前から戦後にかけて長く演劇界で活躍した名優として知られる。リアリズムを基調とした近代的な芸を貫いていた。長男に俳優の寺尾聰がいる。

上杉謙信
 戦国時代の越後国の武将・戦国大名。〔越後の虎〕とか〔越後の龍〕〔軍神〕などと称されている。越後国の守護代を務めていた長尾氏の出で、初名は〔長尾景虎〕として知られる。越後国を統一し産業を振興して繁栄に導いた。他国救済の要請のもとに多数回出兵し戦に挑んだ。武田信玄、北条氏康、織田信長などとの多くの戦いを繰り広げたが、中でも武田信玄とは川中島で五回の戦をしている。

上田秋成
 上田秋成は、江戸時代後期の読本作者であり歌人、茶人、国学者、俳人として知られている。怪奇小説が有名で、中でも怪異小説『雨月物語』は超有名である。

植村直己
 日本の登山家・冒険家・探検家。1941年、農家の末っ子として生まれる。少年期に学校行事で蘇武岳に登ったのを切っ掛けに山に登るようになる。明治大学に入ると山岳部に入部して登山に没頭し、海外の山への憧れをつのらせる。ヨーロッパアルプスの氷河を見ようと資金稼ぎのためにアメリカで働くなどの苦労を重ねる。1965年、明治大学のゴジュンバ・カン登頂隊に途中参加し登頂を果たし、続いてマッターホルンやアフリカ最高峰キリマンジャロ、南米最高峰アコンカグアの単独登頂に成功する。更に、エベレスト南東稜から登頂に成功する。1970年にマッキンリー単独登頂を成功させ、世界初の五大陸最高峰登頂者となった。1984年、世界初のマッキンリー冬期単独登頂を果たしたが、その後消息不明となる。

内村鑑三
 内村鑑三は、日本のキリスト教思想家であり文学者、伝道者、聖書学者である。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えたことで知られる。

梅原龍三郎
 梅原龍三郎は、日本の洋画家である。ヨーロッパで油彩画を学び、日本の伝統的な美術技法である桃山美術や琳派、南画などを自由に取り入れることで、絢爛な色彩と豪放なタッチが織り成す装飾的な世界を創作した。昭和の一時代に日本洋画界の重鎮として君臨した。