HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
もから始まる世界の偉人

〔も〕で始まる日本の偉人



 古来より現代に至るまで日本には少ないながら〔も〕で始まる偉人がいる。彼らは偉大な業績を残し、日本の文化の発展や歴史の変革に大きく貢献した。

森鴎外 最上義光 盛田昭夫 本居宣長
毛利元就 毛利衛

 本居宣長は、江戸時代の国学者・文献学者・医師である。22歳のとき京都へ遊学し医学、儒学を学び、京都から帰郷後、医師を開業する。そのかたわら『源氏物語』や『日本書紀』の研究に励んだという。荷田春満、賀茂真淵、平田篤胤と共に「国学の四大人(しうし)」の一人とされている。


 毛利衛は、日本人宇宙飛行士のひとりで、1992年には、スペースシャトルエンデバー号にペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)として搭乗した。

 また、2002年にもミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者)として二度目の宇宙飛行を行い、レーダーによる地球地形の精密な観測を行った。


〔も〕で始まる偉人概要 〔も〕で始まる偉人概要の説明。
最上義光
 最上義光は、戦国時代から江戸時代前期にかけての出羽国の大名で最上氏第11代当主で、出羽山形藩の初代藩主である。伊達政宗の伯父にあたり、関ヶ原の戦いでは東軍で戦い、最上家を57万石の大大名に成長させた。

森鴎外
 森鴎外は、石見国津和野出身の明治・大正期の小説家であり評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚である。大学卒業後、陸軍軍医になり陸軍省派遣留学生としてドイツに4年間留学した。帰国後には小説『舞姫』、翻訳『即興詩人』を発表、文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動を始めた。

 彼の代表作には、『ヰタ・セクスアリス』『雁』『興津弥五右衛門の遺書』『阿部一族』『高瀬舟』『澁江抽斎」』『山椒大夫』『寒山拾得』など多数がある。

森田昭夫
 盛田昭夫は、日本の技術者、実業家である。大阪帝国大学理学部物理学科卒業し、太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で後に盟友となる井深大と知り合う。終戦後の1946年年(昭和21年)に、井深大らとソニーの前身となる東京通信工業株式会社を設立して取締役に就任した。

 1950年、日本初のテープレコーダー「G型」を発売し、その後のソニーの繁栄に寄与した。1992年には名誉大英帝国勲章を受勲している。

本居宣長
 本居宣長は、江戸時代の国学者・文献学者・医師である。自宅の鈴屋にて門人を集め講義をしたことから鈴屋大人と呼ばれた。また、荷田春満、賀茂真淵、平田篤胤とともに〔国学の四大人(しうし)〕の一人と称されている。

 本居宣長は、当時解読不能に陥っていた『古事記』を研究して解読に成功し35年もの歳月を費やし『古事記伝』を著すなど、国学の発展に多大な貢献をした。彼の代表作には他にも『源氏物語玉の小櫛』『玉勝間』『馭戎慨言』などがある。

毛利元就
 毛利元就は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主・戦国大名である。

 毛利元就は、戦国時代に小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を伸ばした。「戦国最高の知将」「謀神」などと呼ばれる。

毛利衛
 毛利衛は、北海道出身の宇宙飛行士で、専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験である。1992年には、スペースシャトルエンデバー号にペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)として搭乗した。更に2002年には二度目の宇宙飛行に参加した。ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者)として、レーダーによる地球地形の精密な観測を行った。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、財団法人日本宇宙少年団団長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授である。