HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
らから始まる世界の偉人

〔ら〕で始まる日本の偉人



 〔ら〕で始まる日本人の偉人は少ない。当サイトで探せたのは唯ひとり、頼山陽だけである。

 頼山陽は、江戸時代後期の歴史家であり思想家、漢詩人、文人でもある。頼山陽の父親は、若くして詩文や書に秀でた人物で、大坂において朱子学の私塾〔青山社〕を開いていた。母親もまた文人であった。


 頼山陽もまた幼少時より詩文の才能を発揮し歴史に深い興味を抱いた。父親の江戸在勤に伴い江戸に遊学した後、大坂に戻ると突如脱藩を企て上洛したが、京都で発見され広島に連れ戻され、廃嫡のうえ蟄居幽閉される。

 山陽は学問に専念することとなり、3年後に謹慎を解かれると、儒学者の菅茶山より招聘を受け廉塾の塾頭に就任する。
 やがて、彼の名を世に残すことになる著作『日本外史』をあらわした。

 これは武家の時代史であるが、簡明な記述と情熱的な文章に人気が集まり、ベストセラーとして愛読され、幕末の尊皇攘夷運動に影響を与えた。


〔ら〕で始まる偉人概要 〔ら〕で始まる偉人概要の説明。
頼山陽
 頼山陽は、江戸時代後期の歴史家であり思想家、漢詩人、文人でもある。頼山陽もまた幼少時より詩文の才能を発揮し歴史に深い興味を抱いた。突如脱藩を企てたりして一時的に廃嫡のうえ蟄居幽閉されたが、その間、学問に専念することとなり、彼の名を世に残すことになる著作『日本外史』を著わした。簡明な記述と情熱的な文章で幕末の尊皇攘夷運動に影響を与えた。