HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
へから始まる世界の偉人

〔へ〕で始まる日本の偉人



 〔へ〕で始まる外国人の偉人は多いが、日本人の偉人はほとんど見当たらない。当サイトで認識している偉人には次の人たちがいる。

平和勝次 弁慶 遍照

 弁慶こと武蔵坊弁慶は、平安時代末期の僧兵であり、源義経の郎党である。怪力無双の荒法師として名高く、京都、五条の大橋で源義経と出会い破れて家来となったという。


 平和勝次は、初期には1971年に結成された〔平和勝次とダークホース〕というコミックバンドを首謀していた歌手である。

 この団体の初舞台は吉本興業大阪のうめだ花月であった。ムード歌謡コーラスグループに分類される場合もある。
 バンドを結成の翌年に発表したデビュー曲 『宗右衛門町ブルース』 が200万枚を売り上げる空前の大ヒットとなり、一躍その名を世に知らしめた。その翌年には 『女の舟歌』 もヒットさせているが、この年にバンドは解散している。

 その後はそれほどのヒットはないが、最近でも時々、演歌懐メロ番組、名曲ベストヒット歌謡番組などに出場して 『宗右衛門町ブルース』 を披露している。


〔へ〕で始まる偉人概要 〔へ〕で始まる偉人概要の説明。
平和勝次
 平和勝次は、竹原中学校卒業後には大阪に出て、浪曲師冨士月子に弟子入りし、〔若葉トリオ〕に参加していた。その後は漫才師として松竹芸能に所属しお笑い歌謡ショーなどを演じていた。

 1972年、彼にとって記念すべきバンドグループ〔平和勝次とダークホース〕を結成している。バンド結成の翌年に発表したデビュー曲『宗右衛門町ブルース』が200万枚を売り上げる空前の大ヒットとなり、一躍その名を世に知らしめた。それ以外のヒットはないが、最近でも時々、演歌懐メロ番組、名曲ベストヒット歌謡番組などに出場して『宗右衛門町ブルース』を披露している。

弁慶
 弁慶こと武蔵坊弁慶は、平安時代末期の僧兵であり、源義経の郎党である。怪力無双の荒法師として名高く、京都、五条の大橋で源義経と出会い家来となった。

 義経と共に源平合戦では勇猛果敢に戦い、平家滅亡に貢献するが、義経が源頼朝に追われ都落ちする際にも、従者として従った忠臣であった。源頼朝側の追手に対し孤軍奮闘し、多数の弓矢を受けても倒れることなく立往生して果てたとされている。

遍照
 遍昭は、平安時代前期の僧侶であり、歌人で六歌仙および三十六歌仙の一人となっている。小倉百人一首などでは僧正遍昭と称されている。

 遍昭は、『古今和歌集』仮名序において、紀貫之が「近き世にその名きこえたる人」として名を挙げた六歌仙の一人であった。