HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

遍照



 遍昭は、平安時代前期の僧侶であり、俗名は良岑宗貞と名乗った歌人で、六歌仙および三十六歌仙の一人となっている。小倉百人一首などでは僧正遍昭と称されている。

 遍昭は、『古今和歌集』仮名序において、紀貫之が「近き世にその名きこえたる人」として名を挙げた六歌仙の一人であった。次の作品などが知れれている。

 『すゑの露 もとのしづくや 世の中の おくれ先だつ ためしなるらん』
 『天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ』




偉人のプロフィール 〔遍照〕のプロフィール。
〔遍照〕

遍照の肖像・写真 
(出典:So-net ブログ)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕