HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
てから始まる世界の偉人

〔て〕で始まる日本の偉人



 〔て〕で始まる日本の偉人の数はとても少ない。しかし、手塚治虫のような本物の偉人が含まれている。

寺田寅彦 手塚治虫

 手塚治虫は、日本の漫画家・アニメーター・アニメーション監督、医学博士である。『鉄腕アトム』シリーズなどで、戦後日本漫画界の発展を担い文化の発展に大きく貢献した。主人公のアトムだけでなく、彼自身もまた子供たちのヒーローである。


 手塚治虫は、戦後日本漫画界の第一人者として現在も大人気です。人間型ロボットが活躍する 『鉄腕アトム』 は後世の日本のロボット開発者の目標となり歴史に残る名作となりました。  その他の作品として 『ジャングル大帝』 『リボンの騎士』 『ブラック・ジャック』 『三つ目がとおる』 『ブッダ』 などがあります。


〔て〕で始まる偉人概要 〔て〕で始まる偉人概要の説明。
寺田寅彦
 寺田寅彦は、高知県出身の戦前の日本の物理学者であり随筆家、俳人である。地球物理学関連で潮汐の副振動の観測などを行った。1913年には「X線の結晶透過」(ラウエ斑点の実験)により帝国学士院恩賜賞を受賞している。

 寺田は自然科学者ながら文学などにも造詣が深く、科学と文学を調和させた随筆を多く残した。「天災は忘れた頃にやってくる」という有名な言葉も残している。

手塚治虫
 日本の漫画家でアニメーター、アニメーション監督、医学博士。戦後日本でのストーリー漫画の第一人者とされ、その後の日本漫画界発展の基礎を作った。『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などの超ヒット作を残し、〔マンガノ神様〕と評された。