HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔手塚治虫〕

 

 手塚治虫は、日本の漫画家でアニメーター、アニメーション監督、医学博士である。

 彼は、戦後日本でのストーリー漫画の第一人者とされ、その後の日本漫画界発展の基礎を作った。


 手塚治虫は、次のような多くの超ヒット作を残し、〔マンガの神様〕と評された。

 『鉄腕アトム』
 『ブラック・ジャック』
 『三つ目がとおる』
 『ブッダ』



偉人のプロフィール

〔手塚治虫〕のプロフィール。

〔手塚治虫〕

手塚治虫の肖像・写真 
(出典:歴史放談)
プロフィール
通称

〔通称〕
・手塚 治虫(てづか おさむ)

本名

〔本名〕
・手塚 治(てづか おさむ)

別名

〔綽名〕
・漫画の神様

称号

〔栄典〕
・勲三等瑞宝章
・兵庫県宝塚市名誉市民

時代

〔時代〕
・昭和時代

生誕

〔生誕〕1928年(昭和3年)11月3日
〔生誕地〕大阪府豊能郡豊中町(現:豊中市)
〔出身地〕兵庫県宝塚市出身

死没

〔死没〕1989年(平成元年)2月9日(享年60歳没)
〔没地〕東京都千代田区麹町
〔墓所〕東京都豊島区 總禅寺

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・大阪帝国大学附属医学専門部卒業
・奈良県立医科大学
 (医師免許取得、医学博士)

職業

〔職業〕
・日本の漫画家
・アニメーター
・アニメーション監督

〔活動期間〕
・1946年~1988年

分野

〔ジャンル〕
・少年漫画
・少女漫画
・青年漫画

・SF漫画
・冒険漫画

所属

〔所属〕
・手塚プロダクション
・虫プロダクション

業績

〔業績〕
・戦後日本でのストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け的存在として記憶される。また、日本初の連続TVアニメの作者、日本初のカラーTVアニメの作者としても知られる。

・手塚治虫は、今日の日本のマンガ文化、アニメ文化の礎(いしづえ)を作った。彼がいなかったら、漫画文化が花開くのはずっと先のことになったに違いない。

・手塚治虫は、誰もがマンガの神様である認める偉人である。

・彼が描いた鉄腕アトムに代表される、ロボット技術はいまや世界の先端技術分野で大きく花開いている。先見の明ありである。

・彼が生み出した漫画の表現技法の多くは現在でも使われている。

・日本漫画で初めて徒弟制度的日本独自のアシスタント制度を作る。

・手塚は、その後の日本の漫画界に多くの影響を与え、彼に続いた多くの漫画家を育てた。アシスタント経験者の藤子・F・不二雄、藤子不二雄A、赤塚不二夫、石ノ森章太郎、横山光輝、松本零士などはそれぞれに漫画家として大成している。

・週刊少年ジャンプ・週刊少年サンデー・週刊少年マガジン・週刊少年チャンピオンの全てに連載経験があり、実質的にこれらの週刊誌を育てた主役のひとりは手塚である。

・手塚の睡眠時間は一日、3~4時間。全盛期は徹夜で描き続けることもあった。胃癌が深刻な状態になっても、病院のベッドで3本の漫画を描き続けた。将にマンガに命をかけたのである。

作品

〔作品〕
 『新寶島』
 『ジャングル大帝』
 『鉄腕アトム』
 『リボンの騎士』
 『火の鳥』
 『どろろ』
 『ブラック・ジャック』
 『三つ目がとおる』

・他多数(省略)

〔自著〕
 『観たり撮ったり映したり』
 『ぼくのマンガ人生』
 『ぼくはマンガ家』

受賞歴

〔受賞歴〕
・第3回小学館漫画賞(『漫画生物学』『びいこちゃん』)
・第1回講談社出版文化賞児童まんが部門(『火の鳥』)
・第28回ヴェネツィア国際映画祭サンマルコ銀獅子賞(劇場アニメ『ジャングル大帝』)
・第4回日本漫画家協会賞特別優秀賞(『ブラック・ジャック』)
・第1回広島国際アニメーションフェスティバルグランプリ(『おんぼろフィルム』)
・第21回文藝春秋漫画賞(『ブッダ』『動物つれづれ草』)
・第1回講談社漫画賞少年部門(『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』)
・第29回小学館漫画賞(『陽だまりの樹』)
・第10回講談社漫画賞一般部門(『アドルフに告ぐ』)
・第10回日本SF大賞特別賞受賞
・第19回日本漫画家協会賞文部大臣賞
・アイズナー賞(没後の受賞)

名言

〔手塚治虫の名言〕



サイト

その他

 手塚本人の話として、静まりかえった様子を表す「シーン」という文章表現で行い、 描き文字として漫画に取り入れたのは自分だということである。