HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

頼山陽



 頼山陽は、江戸時代後期の歴史家であり思想家、漢詩人、文人でもある。頼山陽もまた幼少時より詩文の才能を発揮し歴史に深い興味を抱いた。

 彼は、突如脱藩を企てたりして一時的に廃嫡のうえ蟄居幽閉されたが、その間、学問に専念することとなり、彼の名を世に残すことになる著作『日本外史』を著わした。簡明な記述と情熱的な文章で幕末の尊皇攘夷運動に影響を与えた。




偉人のプロフィール 〔頼山陽〕のプロフィール。
〔頼山陽〕

頼山陽の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕