HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

本居宣長



 本居宣長は、江戸時代の国学者・文献学者・医師である。

 自宅の鈴屋にて門人を集め講義をしたことから鈴屋大人と呼ばれた。また、荷田春満、賀茂真淵、平田篤胤とともに〔国学の四大人(しうし)〕の一人と称されている。

 本居宣長は、当時解読不能に陥っていた『古事記』を研究して解読に成功し35年もの歳月を費やし『古事記伝』を著すなど、国学の発展に多大な貢献をした。彼の代表作には他にも『源氏物語玉の小櫛』『玉勝間』『馭戎慨言』などがある。




偉人のプロフィール 〔本居宣長〕のプロフィール。
〔本居宣長〕

本居宣長の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕