HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

森鴎外



 森鴎外は、石見国津和野出身の明治・大正期の小説家であり評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚である。

 大学卒業後、陸軍軍医になり陸軍省派遣留学生としてドイツに4年間留学した。帰国後には小説『舞姫』、翻訳『即興詩人』を発表、文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動を始めた。

 彼の代表作には、『ヰタ・セクスアリス』『雁』『興津弥五右衛門の遺書』『阿部一族』『高瀬舟』『澁江抽斎」』『山椒大夫』『寒山拾得』など多数がある。




偉人のプロフィール 〔森鴎外〕のプロフィール。
〔森鴎外〕

森鴎外の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕