HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

内村鑑三



 内村鑑三は、日本のキリスト教思想家であり文学者、伝道者、聖書学者である。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えたことで知られる。




偉人のプロフィール 〔内村鑑三〕のプロフィール。
〔内村鑑三〕

内村鑑三の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕  内村鑑三
〔本名〕  内村鑑三
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  明治時代・大正時代・昭和時代初期
〔生誕・生誕地〕  1861年3月23日
〔死没・死没地〕  1930年3月28日(69歳没)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:江戸小石川
〔居住国:居住地〕  日本国
〔出身校・最終学歴〕  東京英語学校・札幌農学校・アマースト大学
〔職業〕  思想家・文学者・伝道者・聖書学者
〔ジャンル・主題〕  宗教研究・社会主義
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  教員・新聞記者・聖書研究・再臨運動・非戦論・社会主義批判
〔処女作〕  
〔代表作〕  『基督信徒の慰』(1893)
 『求安録』(1893)
 『余は如何にして基督信徒となりし乎』(1895)

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  ・自己に頼るべし、他人に頼るべからず。
 ・本を固うすべし、しからば事業は自ずから発展すべし。
 ・急ぐべからず、自動車のごときもなるべく徐行すべし。
 ・成功本位の米国主義に倣うべからず、誠実本位の日本主義に則るべし。
 ・濫費は罪悪と知るべし。
 ・よく天の命に聴いて行うべし、自ら己が運命を作らんと欲すべからず。
 ・雇人は兄弟と思うべし、客人は家族として扱うべし。
 ・誠実によりて得たる信用は最大の財産なりと知るべし。
 ・清潔、整頓、堅実を主とすべし。
 ・人もし全世界を得るとも、その霊魂失わば何のためあらんや、人生の目的は金銭を得るにあらず、品性を完成するにあり。

〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕