HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔宇沢弘文〕

 

 宇沢弘文は、日本の経済学者で、特に専門は数理経済学であり、東京大学名誉教授である。意思決定理論、二部門成長モデル、不均衡動学理論などの功績で知られる。

 1983年文化功労者、1989年日本学士院会員、1995年米国科学アカデミー客員会員、1997年文化勲章、2009年ブループラネット賞などを受賞している。



偉人のプロフィール

〔宇沢弘文〕のプロフィール。

〔宇沢弘文〕

宇沢弘文の肖像 
(出典:農業協同組合新聞)

プロフィール
通称 宇沢 弘文(うざわ ひろふみ)
本名 宇澤 弘文(うざわ ひろふみ)
別名

称号

東京大学名誉教授
文化功労者
日本学士院会員
米国科学アカデミー客員会員
文化勲章

時代

昭和時代~平成時代

生誕

〔生誕〕1928年7月21日
〔生誕地〕鳥取県米子市

死没

〔死没〕2014年9月18日(86歳没)
〔死没地〕東京都

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔母校〕
・東京大学(学士)
・スタンフォード大学
・東北大学(博士)

職業

〔職業〕日本の経済学者

分野

〔専門〕数理経済学
・意思決定理論
・二部門成長モデル
・不均衡動学理論

所属

〔研究機関〕
・スタンフォード大学
・カリフォルニア大学バークレー校
・シカゴ大学
・東京大学
・中央大学
・同志社大学

業績

〔実績〕
・二部門成長モデル
・宇沢コンディション
・社会的共通資本

作品

〔著作〕(単著のみ表示)
 『自動車の社会的費用』
 『近代経済学の再検討―批判的展望』
 『ケインズ「一般理論」を読む』
 『近代経済学の転換』
 『経済動学の理論』
 『現代を問う』
 『現代日本経済批判』
 『公共経済学を求めて』
 『経済学の考え方』
 『学問の自由と経済学の危機』
 『「豊かな社会」の貧しさ』
 『経済解析―基礎篇』
 『「成田」とは何か―戦後日本の悲劇』
 『二十世紀を超えて』
 『地球温暖化の経済学』
 『地球温暖化を考える』
 『日本の教育を考える』
 『算数から数学へ』
 『方程式を解く―代数』
 『図形を考える―幾何』
 『代数で幾何を解く―解析幾何』
 『社会的共通資本』
 『ヴェブレン』
 『図形を変換する―線形代数』
 『関数をしらべる―微分法』
 『微分法を応用する―解析』
 『経済学と人間の心』
 『経済解析―展開篇』
 『経済学は人びとを幸福にできるか』
 『経済と人間の旅』
 『宇沢弘文 傑作論文全ファイル』
 『人間の経済』
 『ゆたかな国をつくる―官僚専権を超えて』
 『宇沢弘文の経済学 社会的共通資本の論理』
 『経済に人間らしさを―社会的共通資本と共同セクター』

受賞歴

〔受賞〕
・吉野作造賞
・毎日出版文化賞
・文化功労者
・日本学士院会員
・米国科学アカデミー客員会員
・文化勲章
・ブループラネット賞
・Econometric Society Fellow

名言

〔宇沢弘文の名言〕



サイト

その他

経済学者の田中秀臣は、宇沢が生前ノーベル経済学賞受賞候補であったと推測している。