HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

南方熊楠



 南方熊楠は、日本の博物学者であり生物学者、民俗学者でもある。

 彼は18もの言語を自在に話し〔歩く百科事典〕と称されるほどの独特な人格の持ち主であった。彼の言動には人並み外れた奇抜なものがあり、多くの逸話も残している。

 菌類学者であり粘菌の研究で有名で、菌類の研究において新種の菌類70種を発見したとされる。主著に『十二支考』『南方随筆』などがある。




偉人のプロフィール 〔南方熊楠〕のプロフィール。
〔南方熊楠〕

南方熊楠の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕