HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

美空ひばり



 美空ひばりは、横浜市磯子区滝頭出身で、昭和日本の歌謡界を代表する女性歌手・女優である。幼少時より歌手として数々のヒット曲を歌い歌謡界の女王として君臨しただけでなく、映画女優としても活躍した。

 美空ひばりは、魚屋の長女として生まれ、幼少時より家にあったレコードで歌謡曲や流行歌の楽しさ習得した。1943年6月、父親の出征の壮行会で、彼女は『九段の母』を歌って多くの人々を感動と感銘を与えた。これを見た母親は、ひばりの歌唱力を認識し、地元近郊からひばりの歌による慰問活動を始めたのであった。

 戦後の1945年、母親は私財を投じて〔青空楽団〕を設立する。ひばりが8歳の時、近所の公民館などに舞台を作り「美空和枝」の芸名で初舞台を踏ませた。

 女性として初の国民栄誉賞を受賞している。


 1946年、NHK「素人のど自慢」に出場したものの「上手だが子供らしくない」などの理由で合格はしなかった。その翌年、横浜でののど自慢大会終了後に審査員の古賀政男のもとに母子で駆けつけ『悲しき竹笛』を聴いてもらう。古賀は「君はもうのど自慢のレベルじゃない。もう立派にできあがっている」とコメントし歌手への道に進むこととなった。

 1949年3月東横映画「喉自慢狂時代」でブギウギを歌う少女として映画初出演、7月には主題歌『河童ブギウギ』を歌って11歳でレコードデビューを果たした。12歳の時、主演映画『悲しき口笛』が大ヒット、レコードも45万枚の売上を記録する。

 1954年にはNHK紅白歌合戦に初出場、1955年には、江利チエミ、雪村いづみとともに東宝映画「ジャンケン娘」への出演を契機に「三人娘」として人気を博す。

 通算レコーディング曲数は1500曲、オリジナル楽曲は517曲という超絶な記録を残した美空ひばりだったが、これほど多くの曲を発表していても真にヒットした曲数は僅か十数曲に過ぎないことを考えると、歌手という仕事も大変な苦労があるものなのだと考えてしまう。

 美空ひばりは、1989年6月24日、間質性肺炎による呼吸不全のため52歳の若さで他界した。彼女が残した主なヒット曲には次のものなどがある。

『愛燦燦』 『みだれ髪』 『お祭りマンボ』
『柔』 『人生一路』 『川の流れのように』
『東京キッド』 『悲しい酒』 『港町十三番地』
『花笠道中』 『関東春雨傘』 『おまえに惚れた』
『芸道一代』 『真赤な太陽』 『ひばりのマドロスさん』


偉人のプロフィール 〔美空ひばり〕のプロフィール。
〔美空ひばり〕

美空ひばりの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕  美空ひばり
〔本名〕  加藤和枝(かとうかずえ)
〔別名・ペンネーム〕  御嬢(おじょう)
〔称号〕  
〔時代〕  昭和時代
〔生誕・生誕地〕  1937年5月29日
〔死没・死没地〕  1989年6月24日(満52歳没)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:神奈川県横浜市磯子区滝頭
〔居住国:居住地〕  日本国
〔出身校・最終学歴〕  精華学園高等部卒業
〔職業〕  歌手、女優
〔ジャンル・主題〕  歌謡曲、演歌、ジャズ
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  活動期間:1949年~1989年
〔処女作〕  
〔代表作〕
『愛燦燦』 『みだれ髪』 『お祭りマンボ』
『柔』 『人生一路』 『川の流れのように』
『東京キッド』 『悲しい酒』 『港町十三番地』
『花笠道中』 『関東春雨傘』 『おまえに惚れた』
『芸道一代』 『真赤な太陽』 『ひばりのマドロスさん』

〔受賞歴〕  女性として初の国民栄誉賞受賞(1989年:死後)
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  美空ひばり公式ウェブサイト : http://www.misorahibari.com/
〔その他の情報〕  事務所:ひばりプロダクション
 レーベル:日本コロムビア





曲名リスト ◆〔探:探索〕 〔本:本人歌唱〕 〔カ:カバー〕 〔MNK…:カラオケ〕
 〔美空ひばり〕 歌手本人情報 この歌手のいろいろな情報
あ・ 愛燦燦 オリジナル歌唱本人歌唱:Takuya112KaraTubevitormihaMagaimonoShoji 雨潸々と この身に… 美空ひばり
う・ 裏町酒場 オリジナル歌唱本人歌唱:4627iwata懐メロカラオケsou syuu 雨にぬれてる 美空ひばり
お・ おまえに惚れた オリジナル歌唱本人歌唱:清水邦由懐メロカラオケKaraTube 俺にきめろよ 美空ひばり
お祭りマンボ オリジナル歌唱rikochiyan rururu 私のとなりの おじさん… 美空ひばり
か・ 悲しい酒 オリジナル歌唱本人歌唱:naomi1919deguKaraTube1234rinchan ひとり酒場で飲… 美空ひばり
悲しき口笛 オリジナル歌唱KaraTube 丘のホテルの赤い灯も … 美空ひばり
川の流れのように オリジナル歌唱本人歌唱:mikuni1199懐メロカラオケMagaimonoShojiChtayCheng 知らず知らず 美空ひばり
関東春雨傘 オリジナル歌唱KaraTube 関東一円 雨降る時… 美空ひばり
け・ 芸道一代 オリジナル歌唱 いのち一筋 芸一筋で … 美空ひばり
し・ 人生一路 オリジナル歌唱kara223 一度決めたら 二度… 美空ひばり
と・ 東京キッド オリジナル歌唱rikochiyan rururu 歌も楽しや 東京… 美空ひばり
は・ 波止場だよ、お父つぁん オリジナル歌唱 古い錨が捨てられて 美空ひばり
花笠道中 オリジナル歌唱OkeNipponKaraChtayCheng これこれ 石の地蔵… 美空ひばり
ひ・ ひばりの佐渡情話 オリジナル歌唱本人歌唱:Fumikuro555小磯茂人 佐渡の荒磯の 美空ひばり
ひばりのマドロスさん オリジナル歌唱The TaiwaneseSong 船のランプを淋しく… 美空ひばり
ま・ 真赤な太陽 オリジナル歌唱本人歌唱:Butcher .kKaraTubeTakayukiSaitou まっかに燃えた 美空ひばり
み・ みだれ髪 オリジナル歌唱本人歌唱:Takuya112KaraTubesaeko12spxtatu0607 髪のみだれに 美空ひばり
港町十三番地 オリジナル歌唱ShinyaNukaga 長い旅路の 航海… 美空ひばり
や・ オリジナル歌唱本人歌唱:?添枝rikochiyan rururu 勝と思うな 美空ひばり
り・ リンゴ追分 オリジナル歌唱本人歌唱:alouette529 リンゴの花びらが/A> 美空ひばり

ディスコグラフィー 〔美空ひばり〕のディスコグラフィー。
1949年 河童ブギウギ
悲しき口笛
1950年 涙の紅バラ/私のボーイフレンド
青空天使/ひばりが唄えば
白百合の歌/橋のたもとで
東京キッド/浮世航路
裏町パラダイス/拳銃ブギー
夜霧ふたたび
ちゃっかり節/誰か忘れん
越後獅子の唄/あきれたブギ
1951年 私は街の子/ひばりの花売り娘
父に捧ぐる唄
銀ブラ娘
泥んこブギ/愛の明星
角兵衛獅子の唄/京の春雨
裏町のカナリヤ/街角の風船屋
母を慕いて(祇園人形)/京小唄 母を慕いて(祇園人形)
陽気なボンボン売り/私は街のメッセンジャー
あの丘越えて
1952年 リンゴ追分/リンゴ園の少女
お祭りマンボ/月の幌馬車
1953年 津軽のふるさと
1954年 ひばりのマドロスさん/さよなら波止場
1956年 波止場だよ、お父つぁん/初恋小鳩
1957年 港町十三番地/伊豆の乗合バス
1958年 花笠道中
1960年 哀愁波止場/ひばりの船長さん 第2回日本レコード大賞・歌唱賞受賞曲
1961年 車屋さん
ひばりの渡り鳥だよ
1962年 ひばりの佐渡情話/慕情の桟橋
恋の曼珠沙華 第4回日本レコード大賞・編曲賞受賞曲
1963年 哀愁出船
1964年 柔/ふり向かないで 第7回日本レコード大賞受賞曲
娘道中伊達姿/大利根夜舟
1965年 ひばり音頭/青春ひばり小唄
手紙/赤い靴のタンゴ
カタリ・カタリ/サンパ・ギータ
お島千太郎/蛇姫様
島原を後に/東京新地図
影を慕いて/男の純情
博多夜船/明治一代女
のれん一代/遊侠ながれ笠
柔の男/書生気質
お役者仁義/恋慕かんざし
1966年 人生の並木路/並木の雨
夾竹桃と咲く頃/いい子だから
悲しい酒/真実一路
雨にぬれても/二人だけの渚
花と剣
1967年 風雪三代/港のむせび泣き
島の夕顔/喜びの日の涙
真赤な太陽/やさしい愛の歌
芸道一代/ひばりの子守唄
チロリン節
1968年 思い出と一人ぼっち/むらさきの夜明け
男の腕/女の並木路
銀座音頭/若い銀座
少しの間サヨウナラ/好きになってしまったわ
太陽と私/星空の微笑み
唇に花シャッポに雨/愛のボサノバ
熱祷/夜明けまで
1969年 魂/嗚呼舟がくし
ひとり行く/無用ノ介
別れてもありがとう/星くずの港
恋のパープル・レイン/風の恋人たち
女飛車角/どっこい俺がいる
1970年 花と炎/人生一路
涙/今日の我に明日は勝つ
一匹道中/人生将棋
女の詩/恋のれん
愁い酒/人生ブルース
1971年 それでも私は生きている/新宿波止場
千姫/落葉の城
江戸ッ子佐七
ふるさとはいつも/恋のわらべ唄
おんな道/女の人生
旅人/北国の子守唄
1972年 ひばり仁義/この道を行く
浪曲渡り鳥/新しい笛
母/哀愁平野
ある女の詩/思い出の鞄
もしもこの世がお芝居ならば
1973年 花と龍/風の子守唄
さすらい東京/酔いどれ子守唄
黒い微笑/旅路
ひばりのカンカン囃子/女ひとり
1974年 かもめと女/むらさきの涙
一本の鉛筆/八月五日の夜だった
1975年 こころの町/あの子・誰の妻
日本晴ればれ音頭
ひとりぼっち/渚の足跡
月の夜汽車/風の流れに
1976年 白い勲章/坊やの終列車
ふるさと太鼓/ひばりづくし
雑草の歌/夜の雨
さくらの唄/おんな酒
あやとり/晩秋平野
1977年 なつかしい場面/恋夜曲
海にむかう母/ひとり旅~リンゴ追分入り~
1978年 昭和ながれ花/乗りかえ駅の夜は更けて
男/おんな
三年目/昭和おんな唄
月下美人/涙のふきだまり
1979年 最後の一本/俺たちの歌今どこに
風酒場/海鳥に向かう女
子ども会音頭/おかあさんありがとう
木更津づくし/清水次郎長
1980年 おまえに惚れた/みれん酒
別れの宿/浮き草ひとり
1981年 恋女房/昭和ひとり旅
剣ひとすじ/花の恋姿
人恋酒/おんなの涙
1982年 裏町酒場/時雨の宿
1983年 花のいのち/木場の女
笑ってよムーンライト/まなざしの彼方
霧の東京/人生松竹梅
残侠子守唄/人生吹きだまり
1984年 冬のくちびる/女ながれ唄
1985年 夢ひとり/ビロードの夜
しのぶ/龍馬残影
1986年 愛燦燦/太鼓
函館山から/風花便り
恋港/美幌峠
1987年 好きなのさ/酒は男の子守唄
みだれ髪/塩屋崎
1989年 川の流れのように/あきれたね
1999年 流れ人/元禄港歌 1980年の舞台「元禄港歌」の音源
2001年 越前岬 1979年録音、川中美幸の楽曲とは別作
2003年 武蔵流転