HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔水木しげる〕

 

 水木しげるは、鳥取県境港市出身の漫画家である。幼少時、まかない婦として家に出入りしていた景山ふさに可愛がられ、彼女が語り聞かせた妖怪話の強い影響を受けたという。

 戦時中、兵役検査で乙種合格し、1943年に帝国陸軍軍人となり、ニューギニア戦線、ラバウル方面に出征して過酷な戦争体験をし、爆撃で左腕を失う。復員後に上京し1958年に貸本漫画『ロケットマン』で貸本漫画家としてデビューする。


 その後も様々な漫画を出していたが、『週刊少年マガジン』で連載した『ゲゲゲの鬼太郎』が大ヒットし偉大な漫画家としての地位を固めた。妖怪文化への功績が称えられ、1991年に紫綬褒章を受賞している。

 水木しげるの代表作には『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』『悪魔くん』などがある。



偉人のプロフィール

〔 水木しげる〕のプロフィール。

〔水木しげる〕

 水木しげるの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・水木 しげる(みずき しげる)

本名

〔本名〕
・武良 茂(むら しげる)

別名

受賞歴

〔栄典〕
・紫綬褒章
・旭日小綬章
・文化功労者
・東京都名誉都民
・調布市名誉市民

〔学術賞〕
・第6回講談社児童漫画賞
・第13回講談社漫画賞
・第25回日本漫画家協会賞文部大臣賞
・第29回星雲賞アート部門
・第7回手塚治虫文化賞特別賞
・第5回織部賞グランプリ
・第34回アングレーム国際漫画祭最優秀作品賞
・アングレーム国際漫画祭遺産賞
・2008年度朝日賞
・第36回アングレーム国際漫画祭遺産賞
・2012年度アイズナー賞最優秀アジア作品賞
・米アイズナー賞最優秀アジア作品賞
・世界妖怪協会会長
・日本民俗学会会員
・民族芸術学会評議委員

時代

〔時代〕
・大正時代末期~平成時代

生誕

〔生誕〕1922年(大正11年)3月8日
〔生誕地〕大阪府大阪市住吉区

死没

〔死没〕2015年(平成27年)11月30日(93歳没)
〔没地〕東京都三鷹市
〔墓所〕東京都調布市 覚証寺

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・境尋常小学校
・境尋常小学校高等科
・精華美術学院
・日本鉱業学校採掘科退学処分
・武蔵野美術学校

職業

〔職業〕
・日本の漫画家
・妖怪研究家

〔活動期間〕
・1958年~2015年

分野

〔ジャンル〕
・漫画
・妖怪漫画

所属

業績

〔業績〕
・水木しげるは、幼少時、まかない婦として家に出入りしていた景山ふさ(のんのんばあ)が語り聞かせた妖怪の話に強い影響を受けて育つ。

・彼は太平洋戦争中に、敵の攻撃に遭い、左腕を失う大けがをした傷痍軍人である。ここでも彼は生き地獄のような過酷な体験をした。

・水木は、景山ふさの妖怪話や自らの大戦中の過酷な体験をもとにして、1958年に漫画家としてデヴューする。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となった。

作品

〔代表作〕
 『ゲゲゲの鬼太郎』
 『河童の三平』
 『悪魔くん』
 『のんのんばあとオレ』
 『日本妖怪大全』

・水木しげるの作品は細かくいえば無数に存在するが、ここでは上記代表作だけを紹介する。

名言

〔水木しげるの名言〕



サイト

〔公式サイト〕げげげ通信

その他