HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

水木しげる



 水木しげるは、鳥取県境港市出身の漫画家である。幼少時、まかない婦として家に出入りしていた景山ふさに可愛がられ、彼女が語り聞かせた妖怪話の強い影響を受けたという。

 戦時中、兵役検査で乙種合格し、1943年に帝国陸軍軍人となり、ニューギニア戦線、ラバウル方面に出征して過酷な戦争体験をし、爆撃で左腕を失う。復員後に上京し1958年に貸本漫画『ロケットマン』で貸本漫画家としてデビューする。

 その後も様々な漫画を出していたが、『週刊少年マガジン』で連載した『ゲゲゲの鬼太郎』が大ヒットし偉大な漫画家としての地位を固めた。妖怪文化への功績が称えられ、1991年に紫綬褒章を受賞している。

 水木しげるの代表作には『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』『悪魔くん』などがある。




偉人のプロフィール 〔 水木しげる〕のプロフィール。
〔水木しげる〕

 水木しげるの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕