HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

高峰譲吉



 高峰譲吉は、現在の富山県高岡市出身の科学者、工学博士、薬学博士であり実業家である。現在の東京大学工学部の前身の一つである工部大学校を卒業した。理化学研究所の設立者の一人として知られる。

 1854年、高峰譲吉は現在の富山県高岡市御馬出町の漢方医高峰精一の長男として生まれる。幼少時より外国語や科学への才能をみせた。12歳で加賀藩から選ばれて長崎へ留学し、海外の科学に触れる。

 1886年、東京人造肥料会社(後の日産化学)を設立した。1894年、デンプンを分解する酵素、アミラーゼの一種であるジアスターゼを植物から抽出し「タカジアスターゼ」を発明する。




偉人のプロフィール 〔高峰譲吉〕のプロフィール。
〔高峰譲吉〕

高峰譲吉の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕