HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

平清盛



 平清盛は、平安時代末期の武将で公卿である。伊勢平氏の棟梁・平忠盛の長男として生まれ、平氏棟梁となる。保元の乱での功績で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱では最終的に勝利者となり、武士としては初めて太政大臣に任ぜられる。

 娘の徳子を高倉天皇に入内させ「平氏にあらずんば人にあらず」と言われるほどの栄華を極めた。平氏のあまりの権勢に対し、後白河法皇ら院政勢力は清盛と対立を深めていく。

 治承三年、平清盛は京都を制圧、後白河院政を停止する、治承三年のクーデターを起こし、法皇を幽閉して徳子の産んだ安徳天皇を擁し政治の実権を握る。平氏の独裁は貴族ばかりか寺社、武士から大きな反発を受け源氏が平氏打倒に立ち上がる。そんな中、清盛は熱病で没した。




偉人のプロフィール 〔平清盛〕のプロフィール。
〔平清盛〕

平清盛の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕