HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

平将門



 平将門は、平安時代中期の関東の豪族である。平将門は、上総の国の国司として赴任するが、任期後もその地に居座り勢力を拡大し、その地の権益を守る為に武士団を形成する。

 平将門の父親、良将が没すると相続争いが起こり、935年には叔父を殺害、そして939年、対立する従弟の平貞盛の引渡しを常陸国府に要求する。国府がそれを拒絶すると、将門は常陸国府をはじめ関東八カ国の国府を次々に攻撃し国司を追放する。

 こうして、京都の朱雀天皇に対抗して〔新皇〕を名乗り東国の独立を標榜し、遂には朝敵となる。朝廷が藤原忠文を征東大将軍に任命し、鎮圧の為に派遣するが、その到着以前に、平将門は地元の武士、藤原秀郷、平貞盛により討伐されてしまう。世にいう〔承平天慶の乱〕である。この乱は、武士のもつ力が注目され始める切欠となった。




偉人のプロフィール 〔平将門〕のプロフィール。
〔平将門〕

平将門の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕