HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

高橋是清



 高橋是清は、日本の幕末の武士、仙台藩士で明治、大正、昭和時代初期の官僚、政治家である。立憲政友会第4代総裁、大蔵大臣、第20代内閣総理大臣を務めた。財政家であり総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。

 是清は藩命により勝海舟の息子と海外へ留学したが、アメリカ人に裏切られたりして一時は奴隷同様の生活を強いられた。しかし、その間に英会話と読み書き能力を習得し帰国する。

 文部省に入省し、十等出仕となり、文部省、農商務省の官僚、特許局初代局長に就任し日本の特許制度を整えるなど活躍した。日露戦争発生に際し、日銀副総裁として戦費調達の為に戦時外債の公募で同盟国の英国に向かった。幾多の困難を乗り越え戦費調達に成功する。1911年には日銀総裁となる。

 1913年、原総理大臣が暗殺された後、総理大臣に就任するが、政権は半年で崩壊した。幾多の政変の後、軍事予算の縮小を図らんとしたが軍部の恨みを買い、二・二六事件において、赤坂の自宅二階で反乱軍青年将校らに暗殺された。




偉人のプロフィール 〔高橋是清〕のプロフィール。
〔高橋是清〕

高橋是清の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕