HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔高村光雲〕

 

 高村光雲は、日本の仏師であり彫刻家である。江戸下谷に町人兼吉の子として生まれ、1863年から仏師の高村東雲の徒弟となり、後に東雲の姉エツの養子となり、高村姓となる。

 明治維新以後は廃仏毀釈運動により仏師の仕事はなく木彫も衰え、生活が苦しかったが、光雲は木彫に専念、写実主義を取り入れることで木彫りを復活させた。

 代表作に『老猿』『西郷隆盛像』『楠公像』『山霊訶護』などがある。



偉人のプロフィール

〔高村光雲〕のプロフィール。

〔高村光雲〕

高村光雲の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・高村 光雲(たかむら こううん)

本名

〔本名〕
・高村 光雲(たかむら こううん)

別名

〔幼名〕
・光蔵

称号

〔栄典〕
・従五位

時代

〔時代〕
・江戸時代~昭和時代初期

生誕

〔生誕〕1852年3月8日(嘉永5年2月18日)
〔生誕地〕江戸

死没

〔死没〕1934年(昭和9年)10月10日(満82歳没)
〔没地〕
〔戒名〕
〔墓所〕

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔修行〕
・仏師の高村東雲の元で徒弟として修業

職業

〔職業〕
・日本の仏師
・彫刻家

分野

〔ジャンル〕
・彫刻

所属

業績

〔業績〕
・上野公園にある西郷隆盛の銅像を作った。
・皇居前公園にある楠公像(楠木正成像)を作った。

作品

〔代表作〕
・老猿(東京国立博物館蔵)
・西郷隆盛像(上野恩賜公園)
・楠公像(皇居前広場)
・住友家が別子銅山(愛媛県)
・山霊訶護(宮内庁蔵)

〔著書〕
 『高村光雲懐古談』
 『幕末維新懐古談』
 『人間の記録

受賞歴

名言

〔高村光雲の名言〕

・芸術というものは、時には嘘でもよいのだ。その嘘を承知の上で作った方がかえって本当に見えるんだ。

サイト

その他