HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔高木貞治〕

 

 高木貞治は、岐阜県大野郡数屋村出身の日本の数学者で、東京帝国大学教授、第1回フィールズ賞選考委員、文化勲章受章者である。

 高木貞治は、岐阜尋常中学校を経て第三高等中学校(現・京都大学)へ進み1894年に卒業した。更に、帝国大学理科大学(現在の東京大学理学部)数学科へ進み、卒業後にドイツへ留学、ヒルベルトに師事して多大な影響を受ける。

 彼は、代数的整数論において〔類体論〕を確立し、クロネッカーの青春の夢という難問を解決した。更に、ヒルベルトの掲げた23の問題のうち、第9問題と第12問題に関連した難問を肯定的に解決した。彼の著わした書籍には『解析概論』『初等整数論講義』『代数的整数論』などがある。



偉人のプロフィール

〔高木貞治〕のプロフィール。

〔高木貞治〕

高木貞治の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・高木 貞治(たかぎ ていじ)

本名

〔本名〕
・高木 貞治(たかぎ ていじ)

別名

称号

〔栄典〕
・文化勲章受章
・勲四等瑞宝章

時代

〔時代〕
・明治時代~昭和時代

生誕

〔生誕〕1875年(明治8年)4月21日
〔生誕地〕岐阜県大野郡数屋村(現・本巣市)

死没

〔死没〕1960年(昭和35年)2月28日)(84歳没)
〔没地〕東京都
〔墓所〕東京都 多磨霊園

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・岐阜尋常中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)
・第三高等中学校(現・京都大学)
・帝国大学理科大学(現・東京大学理学部)数学科

職業

〔職業〕
・日本の数学者
・東京帝国大学教授

分野

〔ジャンル〕
・数学
・代数的整数論(類体論)

所属

〔研究機関〕
・東京帝国大学

業績

〔業績〕
・代数的整数論の研究では類体論の確立に貢献し、特に高木の存在定理の証明で知られる。

・ヒルベルトの23の問題のうち、第9問題と第12問題(に関連した世界的な難問)を肯定的に解決した。

・第1回フィールズ賞選考委員

作品

〔著書〕
 『新撰算術』
 『新撰代数学』
 『新式算術講義』
 『代数学講義』
 『初等整数論講義』
 『近世数学史談』
 『数学雑談』
 『近世数学史談・数学雑談』
 『解析概論』
 『数学小景』
 『代数的整数論』
 『数学の自由性』
 『数の概念』

受賞歴

〔受賞歴〕
・文化勲章
・文化功労者

名言

〔高木貞治の名言〕



サイト

その他

 出身地の岐阜県本巣市に「高木貞治記念室」が設置されていて、遺品や関連資料の展示が行われている。