HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

高木貞治



 高木貞治は、岐阜県大野郡数屋村出身の日本の数学者で、東京帝国大学教授、第1回フィールズ賞選考委員、文化勲章受章者である。

 高木貞治は、岐阜尋常中学校を経て第三高等中学校(現・京都大学)へ進み1894年に卒業した。更に、帝国大学理科大学(現在の東京大学理学部)数学科へ進み、卒業後にドイツへ留学、ヒルベルトに師事して多大な影響を受ける。

 彼は、代数的整数論において〔類体論〕を確立し、クロネッカーの青春の夢という難問を解決した。更に、ヒルベルトの掲げた23の問題のうち、第9問題と第12問題に関連した難問を肯定的に解決した。彼の著わした書籍には『解析概論』『初等整数論講義』『代数的整数論』などがある。




偉人のプロフィール 〔高木貞治〕のプロフィール。
〔高木貞治〕

高木貞治の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕