HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

竹久夢二



 竹久夢二は、日本の画家であり詩人である。独特なタッチで非常に多くの抒情的な美人画を描き、それは「夢二式美人」と呼ばれた。大正ロマンを代表する画家である。

 児童雑誌への挿絵や、詩や歌謡、童話などの創作も多く、中でも『宵待草』の詩に、バイオリニストの多忠亮が曲を付けると、またたく間に全国に知れわたり、人々の心をとらえた。現在でも広い世代の愛唱歌となっている。

 書籍の装幀や、日用雑貨や浴衣などのデザインも手がけ、現在でいうグラフィック・デザイナー草分け的存在でもある。終生、中央画壇に入ることはなく、野にあって花を咲かせた画家であった。




偉人のプロフィール 〔竹久夢二〕のプロフィール。
〔竹久夢二〕

竹久夢二の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕  竹久夢二
〔本名〕  竹久茂次郎
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  1884年9月16日(明治17年9月16日)
〔死没・死没地〕  1934年9月1日(昭和9年9月1日)
〔国籍〕  
〔言語〕  
〔出生国:出身地〕  日本国:岡山県瀬戸内市邑久町
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  早稲田実業学校中退
〔職業〕  画家、詩人、コマ絵、挿絵、画家、グラフィックデザイナー
〔ジャンル・主題〕  画家、詩人
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  ・木版画、童話作家、装丁画等幅広いアート活動を展開。
 ・榛名山美術研究所を構想
 ・昭和6~8年アメリカ、欧州各国を廻り個展開催、スケッチを多く残す。

〔処女作〕  
〔代表作〕  『宵待草』(作詞)
 『立田姫』(絵画)
 『黒船家』(絵画)

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  『中学世界』明治43年
 泣く時はよき母ありき
   遊ぶ時はよき姉ありき
    七つのころよ

〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕