HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔安藤百福〕

 

 安藤百福は、日本統治時代の台湾嘉義県出身の日本の実業家・発明家である。1948年に中交総社を設立した。この会社は、後にサンシー殖産に社名変更している。

 世界で最初にインスタントラーメンを開発して、その便利さで世界にその名を知らしめた。

 安藤百福は、世界初の一般食品としてのインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、これに伴い、1958年には日清食品株式会社に商標変更している。このため、一般には日清食品株式会社の創業者として知られている。更に後には、世界初となるカップ麺「カップヌードル」を開発した。


 1961年にはチキンラーメンの商標登録が確定し、翌年には即席ラーメンの基本的製法の特許が成立している。当初は一社独占を狙ったが、1964年には類似メーカー各社に特許使用許諾を与え特許権を公開・譲渡している。

 この際、安藤は「日清食品が特許を独占して野中の一本杉として栄えるより、大きな森となって発展した方がいい」という有名な言葉を残し、真の偉人となったのである。




偉人のプロフィール

〔安藤百福〕のプロフィール。

〔安藤百福〕

安藤百福の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称

〔通称〕
・安藤 百福(あんどう ももふく)

本名

〔本名〕
・安藤 百福(あんどう ももふく)

別名

称号

〔栄典〕
・藍綬褒章
・勲二等瑞宝章
・紺綬褒章
・勲二等旭日重光章
・正四位

時代

〔時代〕
・明治時代~平成時代

生誕

〔生誕〕1910年3月5日
〔生誕地〕大日本帝国 台灣朴仔脚
(現:中華民国の旗 中華民国(台湾)嘉義県朴子市)

死没

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

〔居住地〕
・大阪府池田市

学歴

〔学歴〕
・立命館大学

職業

〔職業〕
・日清食品株式会社創業者

分野

〔ジャンル〕
・即席ラーメン・インスタントラーメン

所属

〔所属〕
・日清食品株式会社

業績

〔業績〕
・チキンラーメン、カップヌードルの開発

作品

受賞歴

〔受賞歴〕
・科学技術庁長官賞「功労者賞」

名言

〔安藤百福名言〕

・日清食品が特許を独占して野中の一本杉として栄えるより、大きな森となって発展した方がいい。

・目標を持ったら、あとは執念だ。

・転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんで来い。

・事業のヒントは周りを見わたせば、どこにも転がっている。

・事業化できないアイデアは、単なる思いつきにすぎない。

・本当のアイデアとは実用化されて、成功を保証するものである。

・事業を始めるとき、金儲けをしようという気持ちはなかった。何か世の中を明るくする仕事は無いかと、そればかり考えていた。

・即席めんの発想にたどり着くには、48年間の人生が必要だった。過去の出来事の一つ一つが、現在の仕事に見えない糸で繋がっている。

・どんなに優れた思いつきでも、時代が求めていなければ、人の役に立つことはできない。

・私は眠るときも、メモと鉛筆を枕元に用意する。あなた方も四六時中考える習慣をつけなさい。

・事業を始めるとき成功を語るな、失敗から考えろ。

・新しいものを創造する力が無ければ、企業は存続できません。

・未来とシナリオなき事業は、すべて清算しなさい。

・企業は夢がなくてはならない。夢が現実のものになるとき、飛躍的に成長する。

・企業という言葉は創造と同義である。新しいものを世の中に提供していく力がなければ企業である必要はない。

サイト

その他

 1996年(平成8年)食品開発の研究者を表彰する「安藤百福記念賞」を制定した。これは大賞賞金が1000万円で、食品研究者対象の最高額の表彰制度である。