HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔安倍晋三〕

 

 安倍晋三は、日本の政治家、自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣総理大臣を二度にわたって務めている。

 第一次阿部内閣時は体調を崩し無残な政治を行ったが、二度目の政権時には、いわゆるアベノミクスという政策を掲げ、長年デフレで悩んできた日本の経済を立て直ししつつある。


 安倍晋三は、1954年(昭和29年)9月21日、当時は毎日新聞記者で、後に政治家となる阿部晋太郎と、その妻洋子との次男として東京で生まれた。


 父方の祖父は衆議院議員の安倍寛、母方の祖父は後に首相を務める岸信介であり、大叔父には後の首相、佐藤栄作がいるなど政治家一族の名門中の名門である。

 学業では、成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校を経て、エスカレーター式に成蹊大学法学部政治学科と進み卒業した。卒業後には、渡米し一時期、カリフォルニア州ヘイワードの英語学校に通ったり、南カリフォルニア大学へ留学したりしている。


 1979年(昭和54年)4月に帰国すると、神戸製鋼所に入社し3年間勤務するが、本人の言では、社会人としての原点となる経験を積んだという。

 その後、1982年(昭和57年)には、当時外務大臣であった父・晋太郎の下で秘書官を務めることとなり、政界に関係することとなる。1987年には、福田赳夫夫妻の媒酌で、当時森永製菓社長だった松崎昭雄の長女で電通社員の昭恵と結婚式を挙げる。この女性はいろいろと活発な面があり、その後さまざまな問題も引き起こす。

 1991年(平成3年)には、父・晋太郎が急死したため、父親の地盤を受け継ぐ形で、1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙に山口1区から出馬し初当選を果たす。

 その後、村山富市らの「リベラル政権を創る会」に参加したり、1995年(平成7年)の自民党総裁選では小泉純一郎の推薦人の一人になったりする。派閥領袖の森喜朗首相による第2次森内閣で、小泉純一郎の推薦を受け、政務担当の内閣官房副長官に就任する。

 2002年(平成14年)、小泉首相の北朝鮮訪問に随行し、小泉首相と金正日総書記との首脳会談では「安易な妥協をするべきではない」と強硬論を主張した。拉致被害者5人の帰国は実現したが、多くの問題も残し日本側の納得する形では決着ではなかった。

 その後は、自民党幹事長や内閣官房長官として初入閣し、小泉内閣の任期満了後、自民党総裁戦に出馬、麻生太郎、谷垣禎一を大差で破って自民党総裁に就任する。2006年9月26日、戦後生まれの初めての内閣総理大臣となり、第1次安倍内閣が誕生した。

 第1次安倍内閣は、やや違和感のある「美しい国」を国家像とするものであったが、多くの不祥事が発生したりして、2007年7月29日の第21回参議院議員通常選挙に敗北する。自身の体調不調もあり、突然辞任を発表し、第1次安倍内閣は1年余りの短命内閣として終了した。

 この後、雌伏の時代を迎え耐えしのぶが、2012年9月21日,谷垣総裁の任期満了に伴う、2012年自由民主党総裁選挙への出馬を表明し、第1回投票で1位石破、2位安倍となったが、決戦投票において、石破を破り総裁に選出される。

 2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では、自民党が圧勝、政権与党に復帰する。12月26日には安倍は第96代内閣総理大臣となり第2次安倍内閣が発足した。

 今回は、デフレ経済克服を最大の目標に定め、大規模な金融緩和措置として、「大胆な金融緩和」「機動的な財政出動」および「民間投資を喚起する成長戦略」を三本の矢とする「アベノミクス」と呼ばれる一連の経済対策を断行する。

 2013年、2016年の参議院議員選挙で勝利し、2017年の東京都議会議員選挙では敗北したものの、2017年の衆議院議員総選挙では大勝利し、将来の「憲法改正」を見据えた政治運営を行っている。



偉人のプロフィール

〔安倍晋三〕のプロフィール。

〔安倍晋三〕

安倍晋三の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 安倍晋三(あべ しんぞう)
本名 安倍晋三(あべ しんぞう)
別名

称号

政治学士(成蹊大学・1977年)

時代

〔時代〕
・昭和時代・平成時代

生誕

〔生誕〕1954年(昭和29年)9月21日
〔生誕地〕

死没

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

〔居住地〕
 ・東京

学歴

〔学歴〕
・成蹊大学法学部政治学科卒業

職業

日本の政治家

分野

〔派閥〕
・自由民主党(細田派)

所属

自由民主党所属の衆議院議員(9期)。
第21代・第25代自由民主党総裁。

第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣。

〔内閣〕
・第2次安倍内閣
・第2次安倍改造内閣
・第3次安倍内閣
・第3次安倍第1次改造内閣
・第3次安倍第2次改造内閣
・第3次安倍第3次改造内閣
・第4次安倍内閣

業績

2014年、以下の3政策からなる〔アベノミクス〕経済政策掲げ展開した。

・大胆な金融政策
・機動的な財政政策
・民間投資を喚起する成長戦略

作品

受賞歴

名言

〔安倍晋三の名言〕

・幼い頃から私には身近に政治がありました。

サイト

その他