HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔赤﨑勇〕

 

 赤﨑勇は、日本の化学工学者で、工学博士である。名城大学大学院理工学研究科終身教授、名城大学窒化物半導体基盤技術研究センター長、松下技研株式会社半導体部長、名古屋大学工学部教授などを歴任した。

 窒化ガリウムの結晶化の研究により青色発光ダイオードの開発の基礎を創り、その業績により日本学士院賞恩賜賞など各賞を受賞している。更に2014年度には天野浩、中村修二と共にノーベル物理学賞を受賞した。




偉人のプロフィール

〔赤﨑勇〕のプロフィール。

〔赤﨑勇〕

赤﨑勇の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 赤﨑勇
本名 赤﨑勇
別名

受賞歴

時代

昭和・平成

生誕

1929年1月30日・鹿児島県川辺郡知覧村(現・南九州市)

死没

国籍 日本
言語 日本語
出身地 日本・鹿児島県川辺郡知覧村(現・南九州市)
居住地

学歴

・旧制第七高等学校造士館(現・鹿児島大学)
・京都大学理学部化学科

職業

研究者:
 名古屋大学
 松下電器東京研究所
 名城大学

分野

半導体工学・化学工学・電子工学

所属

業績

・世界初の窒化ガリウム結晶に成功
・世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)を発明
・コヒーレント光青色/紫外発光デバイス (LED, LD) 全ての基礎技術の確立
・青紫色 レーザーの開発
・窒化物半導体の量子構造を解明
・窒化物半導体世界最高効率となる太陽電池の開発
・GaN系電子線励起レーザーに成功
・他重要な業績多数

作品

受賞歴

・1994年:Optoelectronics Conference Special Award
・1995年:Heinrich Welker Medal
・1996年:IEEE Society Lasers and Electro-Optics Society's Engineering Achievement Award
・1998年:IOCG ローディス賞
・1998年:IEEE ジャック・A・モートン賞
・1998年:C&C賞
・1999年:Gordon E. Moore Medal for Outstanding Achievement in Solid State Science Technology
・2000年:朝日賞
・2002年:藤原賞
・2002年:武田賞
・2003年:日本学術会議会長賞
・2003年:国際電子デバイス会議賞
・2007年:TMS John Bardeen Award
・2006年:日本学術振興会特別賞
・2008年:National Academy of Engineering Foreign Associate
・2009年:京都賞先端技術部門
・2011年:エジソン・メダル
・2011年:科学技術振興機構知的財産特別貢献賞
・2013年:カール・フェルディナント・ブラウン賞
・2014年:恩賜賞・日本学士院賞
・2014年:ノーベル物理学賞
・2015年:チャールズ・スターク・ドレイパー賞
・2016年:UNESCO MEDAL

名言

〔赤﨑勇の名言〕

・仕事に命を懸ける楽しみ命を懸ける喜び。そういったものを持たずして何も生まれない。

・私はよく言っています。
「失敗は恐れてはいけない。失敗しない人は成功もできない。」
「成功者は誰だって失敗している」と。

・絶対ムリと言われ続けるうちに、皆が研究をやめていった。しかし、私だけはやめなかった。やり続けたから、成果が出た。

・自分の本当に好きなことをやりなさい。本当に好きなことだったらたとえ上手くいかずに落ち込んでも、また立ち上がって続けることができる。

・楽な方法などないし、成功を手にしたいと思えば、誰でも愚直にコツコツと努力する以外にないんです。

サイト

その他