HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔浅井慎平〕

 

 浅井慎平は、愛知県瀬戸市生まれの写真家で、1954年に広告写真の登竜門である日本広告写真家協会賞を受賞し、ビートルズ来日時に密着写真集を発刊、評判となった。その後も湘南をはじめ世界各地の海の写真を発表している。

 彼は、写真のほか俳句や小説、ガラス工芸等にも異才を発揮し、従来の写真とは味わいの異なる作品を世にだしている。


 浅井慎平は、生誕は愛知県瀬戸市だが、4歳から名古屋市中区大須で育った写真家である。愛知県立旭丘高等学校卒業後は、早稲田大学政治経済学部政治学科に進学したが中退する。


 1966年にビートルズが来日すると、彼は密着して行動し、写真集『ビートルズ東京 100時間のロマン』を発表して、一躍有名となり、写真界へのメジャーデビューを果たした。

 写真家として、次のような多くの企業のポスター、広告写真などに寄与している。

 ・三和酒類の麦焼酎いいちこの広告写真
 ・「VAN JACKET」ハウザースポーツポスター
 ・「JANTZEN」の水着のポスターなど


 1981年には「PARCO」のCF・ポスター・新聞・雑誌広告により、東京アートディレクターズクラブ最高賞を受賞した。

 1997年には、ジャマイカで録音した波の音のみによるアルバム『波?サーフ・ブレイク・フロム・ジャマイカ』をCBSソニーから発売し、オリコンLPチャート最高19位となり、5万枚を売り上げたという。

 活動分野はとても広く、TVでのクイズ番組でレギュラー出演したり、俳人活動もしており、俳句コンテストの選者となったり、数冊の俳句集も出している。また、「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務め、『サンデーモーニング』にも登場し、活発に発言している。

 2015年、投句「青き川祖国に流れ足の裏」により、第22回西東三鬼賞(津山市主催)を受賞している。



偉人のプロフィール

〔浅井慎平〕のプロフィール。

〔浅井慎平〕

浅井慎平の写真 
(出典:写真家浅井慎平 ㈱三桂HP)

プロフィール
通称 浅井 慎平(あさい しんぺい)
本名 浅井 愼平(あさい しんぺい)
別名

16分割の鬼

受賞歴

時代

昭和時代・平成時代

生誕

1937年7月1日(昭和12年7月1日)

死没

国籍 日本国
言語 日本語
出身地 愛知県瀬戸市
居住地

日本国

学歴

早稲田大学政治経済学部政治経済学科中退

職業

写真家、タレント、映画撮影、音楽、コメンテーター

分野

美術家

所属

海岸美術館館長。大阪芸術大学大学院教授。芸能事務所三桂所属。

業績

・昭和千葉県南房総市千倉町に「海岸美術館」を設立、館長に就任。
・写真のほか、映画製作、小説、俳句、ガラス工芸分野で活躍。

作品

受賞歴

1965年:日本広告写真家協会賞受賞
1981年:東京アートディレクターズクラブ最高賞受賞
2015年:第22回西東三鬼賞(津山市主催)受賞

名言

〔浅井慎平の名言〕

・やりもしない前からできないと決めつけることほど不幸なことはない。とにかく必死でやってみる。結果としてできなくてもいいじゃないですか。その努力こそ、人間としての幸福が宿っていると思うんです。

・人生って、何かをなくさなければ何かを得られないものです。

・生きることは、取替えごっこだと僕は思っています。何かを得るためには何かを失わなければならない。得るばかりの人生などないし、また失うばかりの人生もない。そのバランスの中で僕たちは生きている。

・夫婦であろうと恋人であろうと、ちょっとなまけていると飛んでいっちゃうぞという緊張感のある関係がつづけば、きっと素敵な男と女になれると思う。

サイト

その他

・1991年(平成3年)5月、現在の千葉県南房総市に美術館 「海岸美術館」を設立、同館長に就任している。