HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

明智光秀



 明智光秀は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名である。織田信長の重臣の一人であったが、信長に冷遇されたことにより、「敵は本能寺にあり」の号令のもと、本能寺の変を起こし信長を滅ぼし、一時は京都を手中に収めた。

 本能寺での急を知った羽柴秀吉は、戦の最中にあった毛利氏と急遽和睦し、引っ返してきた。山崎の要衝天王山での戦いによって、明智軍は敗北し、光秀は敗走するも落ち武者狩りする農民によって竹槍で衝かれ負傷し自刃する。領国では善政を行ったとして知られ、領国内各地で祀られている。




偉人のプロフィール 〔明智光秀〕のプロフィール。
〔明智光秀〕

明智光秀の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕