HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔明智光秀〕

 

 明智光秀は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名である。織田信長の重臣の一人であったが、信長に冷遇されたことにより、「敵は本能寺にあり」の号令のもと、本能寺の変を起こし信長を滅ぼし、一時は京都を手中に収めた。

 本能寺での急を知った羽柴秀吉は、戦の最中にあった毛利氏と急遽和睦し、引っ返してきた。山崎の要衝天王山での戦いによって、明智軍は敗北し、光秀は敗走するも落ち武者狩りする農民によって竹槍で衝かれ負傷し自刃する。領国では善政を行ったとして知られ、領国内各地で祀られている。

 明智光秀は、日本の運命を大変革したかも知れない、世紀の偉人、織田信長を打ち滅ぼしたことで、その後の日本の歴史を変えた偉人だったのかも知れない。



偉人のプロフィール

〔明智光秀〕のプロフィール。

〔明智光秀〕

明智光秀の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 明智 光秀(あけち みつひで)
本名 明智 光秀(あけち みつひで)
別名

〔改名〕:幼名:彦太郎、明智光秀→惟任光秀
〔別名〕:通称:十兵衛、惟任日向守
〔号〕:咲庵
〔渾名〕:キンカ頭、キンク天顋、三日天下様

称号

〔官位〕:従五位下日向守

時代

戦国時代~安土桃山時代

生誕

享禄元年(1528年)(異説もあり)

死没

天正10年6月13日(1582年7月2日)
〔戒名〕
 秀岳院宗光禅定門
 前日洲条鉄光秀居士
 長存寺殿明窓玄智大禅定門

〔墓所〕
 谷性寺(京都府亀岡市)
 西教寺(滋賀県大津市)
 高野山奥の院(和歌山県伊都郡高野町)

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

〔職業〕


分野

所属

〔主君〕:
 斎藤道三→朝倉義景→足利義昭→織田信長
 もしくは、足利義輝→足利義昭→織田信長

〔氏族〕:源姓土岐氏流明智氏(惟任賜姓)

業績

作品

名言

〔明智光秀の名言〕

・敵は本能寺にあり。

・仏の嘘をば方便といい、武士の嘘をば武略という。これをみれば、土地百姓は可愛いことなり。

・鳴かぬなら 私が泣こう ほととぎす。

・あの人物は俺の重臣だが、昔父の領内で農夫をしていた。それを父が登用してまず足軽にした。おそらく、あの時の恩を忘れず、農民だった初心で父の霊を弔っているのだ。武士はすべてああありたい。笑うお前達は馬鹿。

・自分は石ころのような身分から信長様にお引き立て頂き、過分の御恩を頂いた。一族家臣は子孫に至るまで信長様への御奉公を忘れてはならない。

・順逆二門に無し 大道心源に徹す。五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す。心しらぬ 人は何とも言はばいへ 身をも惜まじ 名をも惜まじ。

・時は今、天が下知る五月哉。

・いざ、お前を50日のうちに輿に乗せる身分にしてみせる。

・たとえ天下をとったとしても、妾は持たぬ。

・自分は他の誰でもない、煕子殿を妻にと決めている。

サイト

その他

 明智光秀は、領地で善政を行ったとされ、光秀を祭神として忌日に祭事を伝える地域もある。

 その数奇な運命から、江戸時代の文楽や近年の小説、テレビ、映画などでもさまざまな形でとりあげられている。