HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

アントニオ猪木



 アントニオ猪木は、日本の元プロレスラー選手であり実業家、政治家でもある。

 本名は猪木寛至で、プロレス選手時代のキャッチフレーズは「燃える闘魂」とか「燃ゆる闘魂」「若獅子」などと名乗っていた。「アントン」「トーキョー・トム」など多くの愛称がある。

 次世代の党所属の参議院議員として政治家として活躍している。


 アントニオ猪木は、神奈川県横浜市鶴見区生麦町の出身で、実家は石炭問屋だったのですが、石炭から石油の時代に変わり倒産したとのことです。13歳のころ、一族でブラジルに渡り、サンパウロ市近郊の農場で少年時代を過ごしました。

 運動神経がだめで子供時代には「ドン寛(鈍感)」とか「運痴の寛ちゃん」などのニックネームで呼ばれるほどでしたが、陸上競技選手としてブラジル現地の大会の砲丸投げで優勝し、ようやく身体能力を発揮するようになります。

 そして、たまたまブラジル遠征中の力道山の目に留まりスカウトされたのでした。

 日本に帰国後の1960年、日本プロレスに入団しました。アントニオ猪木は、力道山や先輩レスラーであった豊登の薫陶を受け、本格的なプロレスラーとして成長していきました。

 力道山は、猪木を純粋な日経ブラジル人として売り出そうとしていたために、当初、猪木は片言交じりのたどたどしい日本語で話す真似をしていたという。
 豊登とともに〔東京プロレス〕を旗揚げしたが、人気がでず、わずか3月破産した。〔日本プロレス〕に戻り、ジャイアント馬場とのタッグを組み人気となるが、いろいろな確執から追放処分を受ける。1971年には、女優の倍賞美津子と結婚し、16年後に離婚している。

 1972年には〔新日本プロレス〕を旗揚げしました。

 当時、ジャイアント馬場率いる〔全日本プロレス〕に邪魔されて有力な外国人レスラーの招へいができない時期もあったが、徐々にさまざまな外国のスタープロレスラーとの戦いが実現するようになり、力道山亡き後のプロレス黄金時代を築きました。

 中でもモハメド・アリとの一戦は世界各国に中継され話題を呼びました。

 やがて、プロレスラーとしては引退の時を迎えますが、その後、政治家として活躍するようになります。北朝鮮訪問などでいろいろな話題を提供しています。


偉人のプロフィール 〔アントニオ猪木〕のプロフィール。
〔アントニオ猪木〕

アントニオ猪木の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕  アントニオ猪木(リングネーム)
〔本名〕  猪木寛至
〔別名・ペンネーム〕  燃える闘魂・燃ゆる闘魂・若獅子・アントン
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  1943年2月20日
〔死没・死没地〕  
〔国籍〕  日本
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:神奈川県横浜市鶴見区
〔居住国:居住地〕  日本
〔出身校・最終学歴〕  
〔職業〕  プロレスラー、参議院議員
〔ジャンル・主題〕  スポーツ選手、陸上競技選手、政治家
〔所属・党・派〕  IGF(代表取締役会長)、次世代の党
〔活動・業績〕  〔通算成績〕

  ・シングル戦 - 612勝41敗50分
  ・タッグ戦 - 1466勝104敗130分
〔処女作〕  
〔代表作〕  
 〔獲得タイトル〕  〔NWAビッグタイム・レスリング〕
  ・NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
  ・NWA世界タッグ王座(テキサス版):1回

 〔NWAミッドアメリカ〕
  ・NWA世界タッグ王座(ミッドアメリカ版):1回

 〔東京プロレス〕
  ・USヘビー級王座:1回

 〔日本プロレス〕
  ・UNヘビー級王座:1回
  ・インターナショナル・タッグ王座:4回
  ・アジアタッグ王座:4回
  ・ワールドリーグ戦優勝:1回
  ・NWAタッグ・リーグ戦優勝:2回

 〔新日本プロレス〕
  ・世界ヘビー級王座:1回
  ・WWF世界マーシャルアーツ王座:1回
  ・NWF世界ヘビー級王座 / NWFヘビー級王座:4回
  ・UWA世界ヘビー級王座:1回
  ・IWGPヘビー級王座:1回
  ・NWA北米タッグ王座(新日本プロレス版):2回
  ・ワールドリーグ戦(新日本プロレス版)優勝:2回
  ・プレ日本選手権優勝:1回
  ・IWGPリーグ戦優勝:4回
  ・MSGシリーズ優勝:4回
  ・MSGタッグ・リーグ戦優勝:4回
  ・ジャパンカップ争奪タッグ・リーグ戦優勝:1回
  ・ジャパンカップ・イリミネーション・リーグ戦優勝:1回

〔残した言葉・名言〕  『いくぞー! 1! 2! 3! ダーッ!』
 『元気ですかーっ!』
 『馬鹿ヤロー!』
 『元気があれば何でもできる!』
 『馬鹿になれ!』
 『いつ何時、誰の挑戦でも受ける』
 『私のアゴの筋肉は鍛えられています』
 『俺の首をかっきってみろ!』
 『折ったぞー!』
 『神のお告げ』
 『折れ!折れ!』
 『極める角度が違う、逆だよ』
 『出る前に負けること考えるバカいるかよ!』
 『道はどんなに厳しくとも、笑いながら歩こうぜ!』
 『やれるのか、おい!』
 『秋は行ってしまったけれど、高田の妻は向井亜紀』
 『お前はそれでいいや』
 『俺は触ってねーですから』
 『馬場さんの死に水は俺が取る』
 『ルールを守れ! 殺すぞ!』
 『猪木が笑えば世界が笑う』
 『出ればタイソン、戻ればヒクソン』
 『ブスには気をつけろ!! ブスッと刺されるからな』

〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕