HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

佐藤春夫



 佐藤春夫は、和歌山県東牟婁郡新宮町出身の近代日本の詩人・作家であり、明治末期から昭和まで活躍した人物である。

 彼の活動分野は多岐にわたり、文芸評論・随筆・童話・戯曲・評伝・和歌全域に及んでいる。『三田文学』に才気あふれる詩文を発表している。

 中学校在学中に、校友会誌や新聞へ短歌や詩を投稿して選に入っている。明治42年には『スバル』創刊号に短歌を発表した。

 後には絵画もするようになり、第二回「二科展」に『自画像』と『静物』の二点が入選している。代表作品に『殉情詩集』、小説『田園の憂鬱』『都会の憂鬱』などがある。




偉人のプロフィール 〔佐藤春夫〕のプロフィール。
〔佐藤春夫〕

佐藤春夫の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕  佐藤潮鳴、沙塔子、雅号:能火野人
〔本名〕  佐藤春夫
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  1882年4月9日
〔死没・死没地〕  1964年5月6日(満72歳没)
〔国籍〕  
〔言語〕  
〔出生国:出身地〕  日本国:和歌山県東牟婁郡新宮町(現・新宮市)
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  慶應義塾大学文学部中退
〔職業〕  小説家・詩人
〔ジャンル・主題〕  小説・詩・随筆・翻訳・短歌
〔所属・党・派〕  ・アナキズム(初期)
 ・オリエンタリズム(中期)
 ・日本伝統美(後期)
 ・文学活動は主知主義・耽美派・芸術詩派

〔活動・業績〕  
〔処女作〕  
〔代表作〕  『西班牙犬の家』(1914年、小説)
 『田園の憂鬱』(1919年、小説)
 『殉情詩集』(1921年、詩集)
 『李太白』(1924年、詩文集)
 『晶子曼陀羅』(1954年、小説)

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  ホームページ:〔佐藤春夫記念館
〔その他の情報〕