HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

小津安二郎



 小津安二郎は、日本の映画監督で脚本家である。〔小津調〕と呼ばれる独特の映像世界を創りだし、多くの作品を発表し、日本ばかりでなく世界からも高く評価されている。

 小津安二郎の代表作には『東京物語』『彼岸花』『お早よう』『秋日和』『秋刀魚の味』『晩春』『麦秋』『お茶漬けの味』『早春』『東京暮色』『出来ごころ』『母を恋はずや』『浮草物語』『東京の宿』『一人息子』『淑女は何を忘れたか』『戸田家の兄妹』『父ありき』『長屋紳士録』など多数がある。『東京物語』などでは女優の原節子と組んだ作品群の評価が高い。




偉人のプロフィール 〔小津安二郎〕のプロフィール。
〔小津安二郎〕

小津安二郎の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕