HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔大隈重信〕

 

 大隈重信は、日本の武士、佐賀藩士であり、尊皇攘夷派志士として活躍した。明治維新後、明治3年に参議となる。6年大蔵省事務総裁、ついで大蔵卿に就任する。征韓論争後、財政の責任者として大久保利通を補佐した。

 明治14年の政変で失脚するも、15年には立憲改進党を組織し、後の早稲田大学の前身となる東京専門学校創立者であり早稲田大学初代総長となる。政治家としては参議兼大蔵卿、外務大臣、農商務大臣、内閣総理大臣、内務大臣、貴族院議員などを歴任した。



偉人のプロフィール

〔大隈重信〕のプロフィール。

〔大隈重信〕

大隈重信の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 大隈 重信(おおくま しげのぶ)
本名 大隈 重信(おおくま しげのぶ)
別名

称号

〔位階〕
・従五位下
・従四位下
・正四位
・従三位
・正三位
・従二位
・正二位
・従一位

〔勲章等〕
・御剱一口
・勲一等旭日大綬章
・伯爵
・大日本帝国憲法発布記念章
・御紋付御杯
・旭日桐花大綬章
・大礼記念章
・大勲位菊花大綬章・侯爵
・菊花章頸飾・公爵

時代

生誕

〔生誕〕1838年3月11日(天保9年2月16日)
〔生誕地〕肥前国佐賀城下会所小路(現・佐賀県佐賀市水ヶ江)

死没

〔死没〕1922年1月10日(83歳没)
〔死没地〕東京府東京市牛込区早稲田
〔墓所〕

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔最終学歴〕弘道館(佐賀藩校)

職業

日本の武士(佐賀藩士)、政治家、教育者。

分野

〔政治家〕
・参議兼大蔵卿
・外務大臣(第3・4・10・13・28代)
・農商務大臣(第11代)
・内閣総理大臣(第8・17代)
・内務大臣(第30・32代)
・貴族院議員

所属

〔所属政党〕
・立憲改進党→無所属→立憲改進党→進歩党→憲政党→憲政本党

業績

早稲田大学の創設者であり、初代総長。

作品

〔著作(単著)〕
 『国議院設立意見』
 『菅公談』
 『政務調査に関する大隈総理の演説』
 『大隈伯時局談』
 『大隈伯演説集』
 『日本産業論』
 『大隈伯社会観』
 『国民読本』
 『経世論』
 『開国大勢史』
 『明治大帝の御遺業』
 『経世論』
 『立憲国民訓』
 『青年訓話』
 『国民教育の大本』
 『国民小読本』
 『國民二十訓』
 『日支民族性論』
 『国民教育論』
 『国体の精髄』
 『中心勢力移動論』
 『大隈侯爵講演集 帰郷記念』
 『縱談横語』
 『現代青年に告ぐ』
 『青年の為に』
 『世界大戦以来 大隈侯論文集』
 『人種問題』
 『働け働け飽迄働け』
 『隈侯閑話』
 『吾輩の社會觀』
 『大勢を達観せよ』
 『大隈侯論集』
 『東西文明之調和』
 『大隈侯昔日譚』
 『早稲田清話』
 『大隈重信東京遷都談』
 『大隈重信のことば』
 『大隈伯昔日譚』
 『大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』』
 『大隈重信とその時代 議会・文明を中心として 大隈重信生誕一五〇年記念』

名言

〔大隈重信の名言〕

・諸君は必ず失敗する。成功があるかもしれませんけど、成功より失敗が多い。失敗に落胆しなさるな。失敗に打ち勝たねばならぬ。

・「長生五カ条」
 1、怒るな
 2、愚痴をこぼすな
 3、過去を顧みるな
 4、望(のぞみ)を将来に置け
 5、人のために善をなせ

・学問は脳、仕事は腕、身を動かすは足である。しかし、卑しくも大成を期せんには、先ずこれらすべてを統(す)ぶる意志の大いなる力がいる。これは勇気である。

・人間が生きるのは、社会の利益のために存在するということだ。ただ生きてるのではつまらない。

・道が窮(きわま)ったかのようで他に道があるのは世の常である。時のある限り、人のある限り、道が窮るという理由はないのである。

・わが輩は楽観説である。人生を重んじて、常に未来に光明を望んで行くのである。

・幾多の失敗を重ねたが、しかし恐縮はせぬ。失敗はわが師なり、失敗はわが大なる進歩の一部なり。

サイト

その他