HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔仰木彬〕

 

 仰木彬は、福岡県出身のプロ野球選手・プロ野球監督・野球解説者である。西鉄ライオンズ黄金時代に正二塁手として活躍した野球選手で、引退後は西鉄、近鉄、オリックスのコーチ・監督を歴任した。

 阪神大震災後に『がんばろうKOBE』の合言葉のもと快進撃を果たした。



偉人のプロフィール

〔仰木彬〕のプロフィール。

〔仰木彬〕

仰木彬の写真 
(出典:Yahoo ブログ)

プロフィール
通称 仰木 彬(おおぎ あきら)
本名 仰木 彬(おおぎ あきら)
別名

受賞歴

時代

昭和時代~平成時代初期

生誕

〔生誕〕1935年4月29日
〔生誕地〕福岡県中間市

死没

〔死没〕2005年12月15日(70歳没)
〔没地〕
〔戒名〕
〔墓所〕

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔最終学歴〕福岡県立東筑高等学校

職業

〔職業〕
・プロ野球選手
・プロ野球監督
・野球解説者

分野

〔選手経歴〕
・投球・打席:右投右打 ・ポジション:二塁手 ・プロ入り:1954年 ・初出場:1954年3月27日 ・最終出場:1967年7月4日

所属

〔選手時代〕
・西鉄ライオンズ (1954 - 1967)

〔監督・コーチ歴〕
・西鉄ライオンズ (1968 - 1969)
・近鉄バファローズ (1970 - 1992)
・オリックス・ブルーウェーブ
・オリックス・バファローズ (1994 - 2001, 2005)

業績

・昭和30年代の西鉄ライオンズ黄金時代に正二塁手として活躍。
・引退後は西鉄、近鉄、オリックスのコーチ・監督を歴任 ・阪神大震災後『がんばろうKOBE』を合言葉に快進撃。率いたチームを11年連続でAクラス入りさせた。

作品

〔著書〕
 『燃えて勝つ:9回裏の逆転人生』
 『勝つということ:対談・熱球交友録』
 『勝てるには理由がある。』
 『人を見つけ人を伸ばす:個性を発掘する人材活用』(二宮清純共著)

受賞歴

〔主な受賞歴〕
・ベストナイン:1回
・正力松太郎賞:1回
・野球殿堂入り:競技者表彰
・新語・流行語大賞 年間大賞
 (1995年「がんばろうKOBE」)

名言

〔仰木彬の名言〕

・大阪に帰ってこい。おまえの最後の花道は俺がつくってやる。
 (清原に対して)

・野茂に怒られるのが怖いから変えんかっただけや。
 (野茂英雄選手のトルネード投法に対して)

・10分間抗議してくるから、その10分間でブルペン(で投手を)を作れ。 ・イチローと誰にでも分かる名前にした方がいい。

・イチローを作ったのは俺だ。

・グラウンドで死ねたら本望や。

・チームプレーなんて考えなくていい。自分のために一生懸命プレーすればいい。結局それがチームのためになるんだから。

・よく食べられること、よく飲めること、よく眠れることというのは、ある意味では技術以上の素質です。

・仰木マジックとよく言われますが、そんなの本当はないんです。あえて言えば確率です。確率が勝敗を決めるのです。

・君たちは勝ち負けを一切気にしなくていい。勝ち負けは俺の責任だ。その代わり、試合に出たら自分のベストを尽くせ。俺は良い結果を出した選手は必ず使う。結果を出さない選手は使わない。

・山に登るルートはたくさんあるのだから、自分の成功体験を押し付けてはいけない。

・自分が一流になれなかったのは、若い時に遊びすぎたからだ。あとから気づいても遅いんだぞ。オレが悪い見本や。

・人生において大切なのは、引く時のタイミングであり、切る時のタイミング、そして攻める時は思いっきって、人目をかまわず攻めなければならないはず。

・先入観なしに白紙で選手を見るには、結果を出す場を作るしかない。

・相手の気持ちがわかれば、あとは簡単なのです。相手の嫌がることをやれば、すぐに諦めてくれるのですから。

・大阪に帰ってこい。おまえの最後の花道は俺がつくってやる。

・殿堂入りパーティをオレの〝生前葬〟にするんや。

・野球は勝ったり負けたり。

・優勝争いの中では、個人の記録以上に必要なものがある。個を捨てられるのは、優勝の時なんだよ。それを知るには、勝つしかないんだ。

サイト

その他

・仰木彬の故郷中間市では、中間市営野球場で中間市内の4中学校と福岡県内からの招待中学校12校による『仰木彬記念野球大会』を開催している。

・中間市では仰木への顕彰事業の一環として、中間市営野球場の名称を『中間仰木彬記念球場』と変更した。