HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

沖田総司



 沖田総司は、幕末の武士・新撰組一番隊組長及び撃剣師範である。文久3年、浪士組結成に参加して上洛し、近藤勇に従い新選組を結成して一番隊組長となる。

 芹沢鴨暗殺や大坂西町奉行所与力・内山彦次郎暗殺などを手がけたとされる。元治元年の池田屋事件でも近藤らと共に最初に池田屋に切り込んだが、奮戦中、喀血により戦線離脱したといわれる。体調悪化の後、病死した。享年は22歳、24歳、27歳と3説があるが定かでない。




偉人のプロフィール 〔沖田総司〕のプロフィール。
〔沖田総司〕

沖田総司の写真 
(出典:Hatena Keyword)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕