HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔石ノ森章太郎〕

 

 石ノ森章太郎は、日本の漫画家、特撮作品原作者である。SF漫画や学習漫画など多くの作品を量産し「漫画の王様」「漫画の帝王」と称される。

 代表作に『サイボーグ009』『ロボット刑事』『さるとびエッちゃん』『マンガ日本経済入門』『HOTEL』などがある。仮面ライダーシリーズなどの特撮作品の原作者でもある。



偉人のプロフィール

〔石ノ森章太郎〕のプロフィール。

〔石ノ森章太郎〕

石ノ森章太郎の写真 
(出典:朝日新聞デジタル)

プロフィール
通称 石ノ森章太郎(いしのもり しょうたろう)
本名 小野寺 章太郎(おのでら しょうたろう)
別名

1984年までは石森章太郎と表記。「いしもり しょうたろう?」と呼ばれた。

称号

〔称号〕勲四等旭日小綬章

時代

昭和時代~平成時代前期

生誕

〔生誕〕1938年1月25日
〔生誕地〕宮城県登米郡石森町(現・宮城県登米市)

死没

〔死没〕1998年1月28日(60歳没)
〔死没地〕東京都

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

〔職業〕
・漫画家
・特撮原作者
・活動期間:1954年~1998年

分野

所属

業績

作品

〔代表作〕
 『サイボーグ009』
 『仮面ライダー』
 『人造人間キカイダー』
 『さるとびエッちゃん』
 『マンガ日本経済入門』
 『HOTEL』

〔一般作品〕
 『あかんべえ天使』
 『アマゾンベビィ』
 『アンドロイドV』
 『イナズマン』
 『おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびエッちゃん』
 『怪人同盟』
 『仮面ライダー』
 『仮面ライダーBlack』
 『がんばれ!!ロボコン』
 『奇人クラブ』
 『ギルガメッシュ』
 『気ンなるやつら』
 『グーチョキパッコン』
 『草壁署迷宮課おみやさん』
 『くノ一捕物帖 恋縄緋鳥』
 『グリングラス』
 『黒い風』
 『原始少年リュウ』
 『現代経済入門』
 『幻魔大戦』
 『サイボーグ009』
 『佐武と市捕物控』
 『さんだらぼっち』
 『猿飛佐助』
 『ジュン』
 『少年同盟』
 『人造人間キカイダー』
 『スカルマン』
 『セクサドール』
 『009ノ1』
 『千の目先生』
 『そして…だれもいなくなった』
 『タイム ハンター』
 『チックンタックン』
 『塚原卜伝』
 『鉄面クロス』
 『鉄面探偵ゲン』
 『テレビ小僧』
 『天敵』
 『ドッグワールド』
 『となりのたまげ太くん』
 『ドンキッコ』
 『とんでもハウス』
 『流れ星五十三次』
 『二級天使』
 『買厄懸場帖 九頭竜』
 『八百八町表裏 化粧師』
 『番長惑星』
 『秘密戦隊ゴレンジャー(ひみつ戦隊ゴレンジャーごっこ)』
 『平賀源内 解国新書』
 『ブルーゾーン』
 『変身忍者 嵐』
 『北斎』
 『星の子チョビン』
 『ボンボン』
 『マンガ日本経済入門』
 『マンガ日本の歴史』
 『マンガ中国大人物伝』
 『未来救助隊アスガード7』
 『ミラクルジャイアンツ童夢くん』
 『宮本武蔵』
 『ミュータントサブ』
 『幽霊船』
 『リーコが行く シロクロード』
 『龍神沼』
 『リュウの道』
 『ロボット刑事』
 『ワイルド・キャット』

 これらの作品の他に、特撮撮影、共作扱い作品、アニメ原作、TVドラマ原作、映画原作、実写映画、小説、作詞、仮面ライダーシリーズ 関連楽曲、スーパー戦隊シリーズ 関連楽曲、キャラクターデザインなど無数ともいえるほど多くの作品があるが、ここでは到底網羅できないので省略する。

 更に、石ノ森章太郎本人がテレビ番組や映画作品中に出演している多くの作品もある。出演時期によっては「石森章太郎」名義の場合もある。

受賞歴

〔受賞〕
・第7回講談社児童まんが賞
 『サイボーグ009』
 『ミュータント・サブ』

・第13回小学館漫画賞
 『ジュン』
 『佐武と市捕物控』

・第33回小学館漫画賞
 『HOTEL』
 『マンガ日本経済入門』

・第17回日本漫画家協会賞大賞
 『マンガ日本経済入門』

・日本漫画家協会賞文部大臣賞
・手塚治虫文化賞マンガ特別賞
・映画特別功労賞

名言

〔石ノ森章太郎の名言〕

・盲目的前進は、どこかで方向を間違えても気づきません。時折立ち止まって周囲を見回しましょう。そして反省の時を持ちましょう。

・才能の八割は、体力である。

・レオナルドダヴィンチになりたかった。

・劣等感に押しつぶされまい、という頑張りが、その人に成長につながる。同じくー"劣等感"の皆無な人間など、あるはずがないが、もしあったとしたら、味気ない人間に違いない。

・人から見て幼稚だろうと何だろうと、自分が面白いと思うことをやれれば、人生はそれで十分なんだな、と。他人に褒められるように生きる必要なんて、まったくない。それが世の中に受け入れられるかどうかは、あくまで結果でしかない。

・売れなくなったときのことは、売れなくなってから考えればいい。そんな先のことにエネルギーを費やすなら、今やれることはいくらだってあるじゃないか。

サイト

公式サイト http://www.ishimoripro.com/

その他