HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔今川義元〕

 

 今川義元は、戦国時代の武将で駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名、今川氏第11代当主である。

 合理的軍事改革により今川氏を戦国大名にまで育てあげた。尾張国への侵攻の折り桶狭間において織田信長の奇襲によりあえなく戦死した。



偉人のプロフィール

〔今川義元〕のプロフィール。

〔今川義元〕

今川義元の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 今川 義元(いまがわ よしもと)
本名 今川 義元(いまがわ よしもと)
別名

〔改名〕芳菊丸(幼名)、 栴岳承芳(せんがくしょうほう、法号)→ 義元

〔別名〕通称:治部大輔、渾名:海道一の弓取り(初代)

受賞歴

時代

戦国時代

生誕

永正16年(1519年)

死没

〔死没〕永禄3年5月19日(1560年6月12日)

 桶狭間山で休息中に織田信長に急襲され、織田家家臣・毛利良勝に愛刀・左文字の太刀と首級を奪われた。いわゆる「桶狭間の戦い」である。享年42。

〔戒名〕
・天沢寺殿四品前礼部侍郎秀峰哲公大居士
・天澤寺秀峯哲公

〔墓所〕
・愛知県豊明市の桶狭間古戦場伝説地
・愛知県豊明市の高徳院
・静岡県静岡市葵区大岩町の臨済寺
・東京都杉並区の観泉寺

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

戦国時代武将。

分野

戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。
今川氏第11代当主。

所属

〔幕府〕室町幕府駿河守護
〔主君〕足利義晴 → 義輝
〔氏族〕今川氏

業績

 寄親・寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営の他、外征面でも才覚を発揮し今川氏の戦国大名への転身を成功させた。

 所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大させ、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げる。

作品

名言

〔今川義元の名言〕

・汝既に成長しけれども、童心未だ失せず。

・寄親(よりおや)は今川家への奉公を第一に心がけ、与力(よりき)にもそう言葉かけよ。

・住職は弟子の持つ智恵や能力を検討せずに、勝手に寺を譲ってはならない。

・義元の矛先には魔物だろうと鬼だろうとかなうまい。

・昨日なし 明日またしらぬ人はただ 今日のうちこそ命なりけれ。

・夏山の 茂みふきわけ もる月は 風のひまこそ 曇りなりけれ。
(今川義元 辞世の句)

サイト

その他

 婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。「海道一の弓取り」の異名を持つ。