HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔犬養毅〕

 

 犬養毅は、日本の政治家である。中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁、文部大臣、逓信大臣、内閣総理大臣、外務大臣、内務大臣などを歴任した。

 1932年5月15日、海軍青年将校と陸軍士官候補生の一団が乱入し、犬養を暗殺した。世にいう〔515事件〕である。このとき、犬養は「話せば分かる」という名文句を残している。



偉人のプロフィール

〔犬養毅〕のプロフィール。

〔犬養毅〕

犬養毅の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 犬養 毅(いぬかい つよし)
本名 犬養 毅(いぬかい つよし)
別名

昭和の実盛

称号

〔称号〕
・1898年:正三位
・1915年:勲二等瑞宝章
・1920年:勲一等旭日大綬章
・1930年:帝都復興記念章
・1932年:正二位・旭日桐花大綬章

時代

江戸時代末期~昭和時代初期

生誕

1855年6月4日(安政2年4月20日)
備中国賀陽郡川入村

死没

1932年5月15日(76歳没)
いわゆる「五・一五事件」で統帥権独立を呼号する軍部によって暗殺された。

〔墓所〕:東京府東京市

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

慶應義塾中退(現・慶應義塾大学)

職業

統計院権少書記官・政治家

分野

所属

〔所属政党〕
・立憲改進党→
・中国進歩党→
・進歩党→
・憲政党→
・憲政本党→
・立憲国民党→
・革新倶楽部→
・立憲政友会

業績

・中国進歩党総裁
・立憲国民党総裁
・革新倶楽部総裁
・立憲政友会総裁(第6代)
・文部大臣(第13・31代)
・逓信大臣(第27・29代)
・内閣総理大臣(第29代)
・外務大臣(第45代)
・内務大臣(第50代)など

作品

名言

〔犬養毅の名言〕

・話せばわかる。
(5.15事件で、首相官邸を襲った中の一人、元海軍中尉三上卓の証言によれば、犬養毅は「まあ待て、そう無理せんでも話せばわかるだろう」と2、3度繰り返したと言う。)

・今の暴れ者をもう一度呼んで来い、話して聞かせてやる。
(暴漢たちは「問答無用」と犬養を撃ったが犬養は即死せず、ピストル音で駆け付けた女中にこのように言ったとされている。)

・政党には、党勢拡張、政権獲得などという一種の病気がつきまとう。そのために、あるいは種々の不正手段に出たり、あるいは敵に向かって進む勇気を失ったりすることがある。これを監視し激励するのが言論に従事する人々の責任でなければならぬ。

・すなわち記者諸君は公平なる地位にあって、各政党の正不正を裁く裁判官であると同時に、政党が正義に向かって進むことを躊躇する場合、これを鞭撻し激励する役目にあるものである。いかなる臆病太郎といえども『お前は強いぞ』と始終励まされると、卑怯な真似はようしないものである。

・仏教もキリスト教も道教も異途同帰で、要するに根本の信念を固めることにある。しかるに、現在の我方国民教育の不完全は、道徳の根本たる信念に導くべき教えが欠けている。

・そもそも政界百弊の根源は、選挙に莫大の金を要するがゆえなれば、まずもって現行選挙法を改正しなければならぬ。

・青年血気のときには、金も持ちたし、学者にもなりたし、政治家にもなりたし、と種々の事に意思が動く。これが万事失敗の本になる。

サイト

その他