HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔岩倉具視〕

 

 岩倉具視は、日本の公家で政治家である。当初は公武合体に努め、後に討幕運動に参加した。

 明治維新後は右大臣となり,特命全権大使として欧米を視察している。帰国後征韓派を退け、内治優先・天皇制確立の政策を遂行した。



偉人のプロフィール

〔岩倉具視〕のプロフィール。

〔岩倉具視〕

岩倉具視の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 岩倉 具視(いわくら ともみ)
本名 岩倉 具視(いわくら ともみ)
別名

〔雅号〕:対岳
〔謹慎中の法名〕:友山。
〔補職・位階・勲等〕:贈太政大臣贈正一位大勲位。

・維新の十傑の1人。

称号

〔称号〕
・贈太政大臣
・贈正一位
・大勲位菊花大綬章

時代

幕末~明治時代初期

生誕

1825年10月26日(文政8年9月15日)
山城国 京都

死没

1883年7月20日(57歳没)
京都府京都市

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

日本の公家
政治家。

分野

所属

業績

作品

名言

〔岩倉具視の名言〕

・我が国小なりといえども誠によく上下同心その目的を一にし、務めて国力を培養せば、宇内に雄飛し万国に対立するの大業甚だ難しきにあらざるべし。

・成敗は天なり、死生は命なり、失敗して死すとも豈後世に恥じんや。

・敷島の道こそわきて仰かるれ すなほなる世の教えとおもへは。

サイト

その他