HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔島木赤彦〕

 

 島木赤彦は、明治9年(1876年)長野県諏訪郡上諏訪村角間生まれの明治・大正時代のアララギ派歌人である。家は元々は諏訪藩士であったが、父親は明治維新後には教員をしていた。赤彦は貧しいながらも自然や優しい家族のもとで伸び伸びと育った。

 赤彦は祖母から百人一首を教えられ、5歳で暗唱するほどであった。諏訪小学校高等科を卒業し諏訪育英会に入り、泉野小学校、玉川小学校の代用教員を務めた、和歌や俳句をたしなむようになる。


 1900年(明治33年)、正岡子規が根岸短歌会を発足する。子規没後にはその精神を継承し一門の結束を図るべく、伊藤左千夫が『馬酔木(あしび)』を興す。その後もさまざまな経緯の後に『アカネ』『阿羅ゝ木』を経て1908年(明治41年)には結社『アララギ』となる。

 一方で、1903年(明治36年)、信州において島木赤彦、岩本木外らによって結社『氷むろ』(後に『比牟呂』)を設立する。そして、赤彦の歌「床払の祝」二首が『馬酔木』に掲載され、伊藤ら中央歌壇と積極的な接触が始まる。その後、1909年(明治42年)に『比牟呂』は『アララギ』と合併する。


あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
さしすせそ
 
〔し〕で始まる日本の偉人

ジャイアント馬場
司馬遼太郎 志賀直哉
柴田勝家 十返舎一九
渋沢栄一 親鸞
聖徳太子 島崎藤村
島津久光 島木赤彦
島倉千代子 白瀬矗
白川英樹 東海林太郎
 
〔島木赤彦:珠玉の代表歌〕
 

・月の下の光さびしみ踊り子のからだくるりとまはりけるかも (『切火』)

・ひたぶるに我を見たまふみ顔より涎を垂らし給ふ尊さ(『氷魚』)

・信濃路はいつ春ならん夕づく日入りてしまらく黄なる空のいろ (『柿蔭集』)

 

 『アララギ』の編集は伊藤左千夫を中心に斎藤茂吉らが交替で担当するも、休刊・廃刊の危機を迎えるが、赤彦の全面的支援で継続した。

 大正時代に入って、アララギ叢書が発行され、島木赤彦・中村憲吉の合著歌集『馬鈴薯の花』、斎藤茂吉の『赤光』が人気を博し、『アララギ』は歌壇で広く認められるようになり、歌壇を制覇するとまで言われるようになる。

 その後、島木赤彦は上京して、平福百穂の絵画頒布会の開催、会員増強の努力を始め、『アララギ』の編集、発行の重責を担った。


 大正15年3月27日に赤彦が死去すると、『アララギ』の一時代が終焉したが、その後も斎藤茂吉や土屋文明が代表となって戦後にも『アララギ』の刊行は継続し、1997年(平成9年)に終刊した。

 『アララギ』の流れを引くいくつかの結社は、現在でもなお活発に活動をしている。結社全てを合わせると現在に到るまで歌壇の最大勢力である。

 広義の意味で、アララギ系の結社には、次のものなどがある。

〔全国結社〕
 『新アララギ』『短歌21世紀』『未来』『塔』『歩道』

〔地方結社〕
 『柊』『林泉』『群山』『関西アララギ』

 かつて、アララギ派で活躍した歌人には次のような人たちがいる。

・石原純     ・細谷雄二    ・近藤芳美(未来創刊)
・鹿児島寿蔵   ・五味保義    ・伊藤左千夫(馬酔木創刊)
・斎藤茂吉    ・清水房雄    ・島木赤彦(比牟呂創刊)
・土屋文明    ・長塚節     ・佐藤佐太郎(歩道創刊)
・原阿佐緒    ・宮地伸一    ・高安国世(塔創刊)
・結城哀草果   ・蕨真一郎    ・古泉千樫(アララギ退会)
・平福百穂    ・岡麓      ・釈迢空(アララギ退会)



偉人のプロフィール

〔島木赤彦〕のプロフィール。

〔島木赤彦〕

島木赤彦の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称

〔通称〕
・島木 赤彦(しまき あかひこ)

本名

〔本名〕
・久保田 俊彦(くぼた としひこ)

別名

〔別号〕柿乃村人

称号

時代

〔時代〕
・明治時代~大正時代

生誕

〔生誕〕1876年(明治9年)12月16日
〔生誕地〕長野県諏訪郡上諏訪村(現長野県諏訪市)

死没

〔死没〕1926年(大正15年)3月27日(49歳没)
〔没地〕長野県 下諏訪町
〔墓所〕
〔戒名〕俊明院道誉浄行赤彦居士

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔最終学歴〕
・長野県尋常師範学校

職業

〔職業〕
・歌人

分野

〔文学活動〕
・アララギ派

所属

〔所属〕
・『氷むろ』(後に『比牟呂』)

・『アララギ派』

業績

〔業績〕
・信州において、短歌結社『氷むろ』(後に『比牟呂』)を設立した。

・その後、伊藤左千夫の結社『アララギ』と親交を深め、1909年(明治42年)に『比牟呂』は『アララギ』と合併する。

・赤彦は上京すると、平福百穂の絵画頒布会の開催、会員増強の努力を始め、『アララギ』の編集、発行の重責を担い、『アララギ派』の一時代を築く。

作品

〔歌集〕
 『馬鈴薯の花』
 『切火』
 『氷魚』
 『太虚集』
 『馬鈴薯の花』
 『柿蔭集』

〔童謡集〕
 『赤彦童謡集』

〔歌書〕
 『歌道小見』

受賞歴

名言

〔島木赤彦の名歌〕

「氷魚」掲載歌

・ひたぶるに我を見たまふみ顔より涎を垂らし給ふ尊さ

・人に告ぐる悲しみならず秋草に息を白じろと吐(つ)きにけるかも

・日の下に妻が立つとき咽喉(のど)長く家のくだかけは鳴きゐたりけり

・雪残る土のくぼみの一ところここを通りてなほ遠ゆくか

・昔見て今もこもらふ歯朶(しだ)の葉の暗がりふかく釣瓶を吊るも

「柿蔭集」掲載歌

・信濃路はいつ春ならん夕づく日入りてしまらく黄なる空のいろ

・隣室に書よむ子らの声きけば心に沁みて生きたかりけり

・信濃路に帰り来りてうれしけれ黄に透りたる漬菜(つけな)の色は

「馬鈴薯の花」掲載歌

・げんげ田に寝ころぶしつつ行く雲のとほちの人を思ひたのしむ

・妻も我も生きの心の疲れはてて朝けの床に眼ざめけるかも

・日の下に妻が立つとき咽喉(のど)長く家のくだかけは鳴きゐたりけり

・夕焼空焦げきはまれる下にして氷らんとする湖の静けさ

・昔見て今もこもらふ歯朶(しだ)の葉の暗がりふかく釣瓶を吊るも

・雪のこる土のくぼみの一ところここを通りてなほ遠ゆくか

「切火」掲載歌

・雪深き街に日てればきはやかに店ぬち暗くこもる人見ゆ

・子をまもる夜のあかときは静かなればものを言ひたりわが妻とわれと

・むらぎもの心しずまりて聞くものかわれの子供の息終るおとを

・雪はれし夜(よ)の街の上を流るるは山よりくだる霧にしあるらし

・母一人臥(こや)りいませり庭のうへに胡桃の青き花落つるころ

・大き炉にわが焚きつけし日は燃えてものの音せぬ昼のさびしさ

・うどん売る声たちまちに遠くなりて我が家の路地に霙ふる音

・冬の日の光とほれる池の底に泥をかうむりて動かぬうろくづ

・ひたぶるに我を見たまふみ顔より涎を垂らし給ふ尊さ

・窓の外に白き八つ手の花咲きてこころ寂しき冬は来にけり

・わが家に月にひとたび帰りゆくよろこび心寂しくなりぬ

・月の下の光さびしみ踊り子のからだくるりとまはりけるかも

・雪あれの風にかじけたる手を入るる懐の中に木の位牌あり

・山門に向ひてのぼる大どほり雪厚くして黒土を見ず

・土荒れて石ころおほきこの村の坂に向かひて入る日のはやさ

「太虚集」掲載歌

・栂の木の木立出づればとみに明し山をこぞりてただに岩むら

・久しくも夕顔の花の咲きつぎて棚にあまれる蔓伸びにけり

・谷かげに苔むせりける仆(たふ)れ木を息づき踰ゆる我老いにけり

・亡がらを一夜抱きて寝しこともなほ飽き足らず永久に思はむ

・岩あひにたたへ静もる青淀のおもむろにして瀬に移るなり

・石楠の花にしまらく照れる日は向うの谷に入りにけるかな

・或る日わが庭のくるみに囀りし小雀(こがら)来たらず冴え返りつつ

・信濃路はいつ春にならん夕づく日入りてしまらく黄なる空のいろ

・魂はいづれの空に行くならん我に用なきことを思い居り

・箸を持て我妻(あづま)は我を育くめり仔とりの如く口開く吾は

・山道に日は暮れゆきて栂の葉に音する雲は過ぎ行きにけり

・みづうみの氷をわりて獲し魚を日ごとに食らふ命生きむため

・行き乍ら痩せはてにえるみ仏を己自ら拝(をろがみ)まをす

・やまのべに家居し得居れば時雨のあめやはやすく来て音立つるなり

・福寿草の鉢を置きおきかふる幼子や縁がはのうへに移る日を追ひて

・たえまなく鳥なきかはす松原に足をとどめて心静けき

・山道に昨夜の雨の流したる松の落ち葉はかたよりにけり

・野分すぎてとみにすずしくなれりとぞ思ふ夜半に起きゐたりける

・つぎつぎに過ぎ西人を思ふさえはるけくなりぬ我のこよひは

・湖つ風あたる障子のすきま貼り籠りてあらむ冬は来にけり

・空すみて寒きひと日やみづうみの氷の裂くる音ひびくなり

・高槻のこずゑにありて頬白のさへづる春となりにけるかも

・ここにして遙けくもあるか夕ぐれてなほひかりある遠山の雪

・あからひく光は満てりわたつみの海をくぼめてわが船とほる

・やまさへも見えずなりつる海なかに心こほしく雁の行く見ゆ

・隣室に書(ふみ)よむ子らの声きけば心に沁みて生きたかりけり

・はひ松の陰深みつつなほ照れる光寂しも入日のなごり

・みづうみの氷は解けてなほ寒し三日月の影波にうつろふ

・我が家の犬はいづこにゆきぬらむ今宵も思ひ出でて眠れる

サイト

その他