HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

志賀直哉



 志賀直哉は、宮城県石巻市生まれ、東京府育ちの明治から昭和にかけて活躍した小説家である。白樺派を代表する小説家のひとりで、後の時代の多くの日本人作家に影響を与えたとされる。

 志賀直哉の祖父は、古河財閥創始者古河市兵衛と共に足尾銅山の開発をした人物であり、二宮尊徳の門人だったという。

 東京帝国大学文学部英文学科入学、国文学科に転じるが大学は中退する。代表作に『暗夜行路』『和解』『小僧の神様』『城の崎にて』などがある。彼の唯一の長編小説『暗夜行路』は、近代日本文学の代表作の一つである。




偉人のプロフィール 〔志賀直哉〕のプロフィール。
〔志賀直哉〕

志賀直哉の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕