HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

司馬遼太郎



 司馬遼太郎は、大阪府大阪市生出身の小説家でありノンフィクション作家、評論家である。産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞し作家としての頭角を現した。

 幼少時は軟弱だったが、小学校に通う頃には学校嫌いな腕白小僧であったという。中高時代も学業成績はビリではないがトップでもなかったようだ。この頃にあらゆる種類の書籍を読破したという。司馬遷の『史記』を愛読し、彼の筆名にも影響した。彼の座右の銘は「中庸の徳」だという。

 司馬遼太郎代表作には戦国・幕末・明治を扱った作品が多いが、『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』などがある。




偉人のプロフィール 〔司馬遼太郎〕のプロフィール。
〔司馬遼太郎〕

司馬遼太郎の肖像・写真 
(出典:BS朝日 - 昭和偉人伝)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕