HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔島津久光〕

 

 島津久光は、重富島津家当主、のち玉里島津家初代当主であり、幕末から明治時代初期での日本の政治家である。

 幕末の薩摩藩での事実上の最高権力者として公武合体運動を推進したことで知られ、明治新政府では内閣顧問、左大臣を歴任している。

 久光は、文化14年(1817年)薩摩国鹿児島郡で出生する。幾多のことがあって成人し、文久2年(1862年)、公武合体運動推進のため兵を率いて上京する。


 しかし、公武合体運動は挫折し、倒幕の決断をすることになり、やがて明治維新を迎えた。



偉人のプロフィール

〔島津久光〕のプロフィール。

〔島津久光〕

島津久光の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称

〔通称〕島津 久光(しまづ ひさみつ)

本名

〔実本名(諱)〕忠教→久光

別名

〔通称〕普之進(幼名)→又次郎→山城→周防→和泉→三郎
〔字〕君輝、邦行
〔雅号〕徳洋(幼少時)、大簡、双松、玩古道人、無志翁

称号

〔官位〕
・従四位下、左近衛権少将、大隅守、従四位上
・左近衛権中将、従三位
・参議、従二位、麝香間祗候、内閣顧問、左大臣、正二位、公爵、従一位
・位階勲等爵位は従一位大勲位公爵

時代

〔時代〕
・江戸時代末期 - 明治時代初期

生誕

〔生誕〕文化14年10月24日(1817年12月2日)
〔生誕地〕薩摩国鹿児島郡(現鹿児島県鹿児島市)の鹿児島城

死没

〔死没〕明治20年(1887年)12月6日
〔没地〕
〔墓所〕島津家墓地(鹿児島県鹿児島市)

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

〔職業〕日本の政治家

分野

〔ジャンル〕
・幕末期~明治初期の政治

所属

〔藩〕薩摩国鹿児島藩国父
〔氏族〕島津氏→種子島氏→島津氏(宗家→重富家→宗家→玉里家)

業績

〔業績〕
・幕末の薩摩藩における事実上の最高権力者として公武合体運動を推進した。
・明治政府の内閣顧問、左大臣を務めた。
・重富島津家当主であり、のち玉里島津家初代当主となった。

作品

受賞歴

〔栄典〕
・公爵
・従一位
・金製黄綬褒章
・大勲位菊花大綬章

名言

〔島津久光の名言〕

・(残念ながら、島津久光の名言は見つかりませんでした。)

サイト

その他

・久光は亡くなるまで、日本従来からの和装や髷結い、帯刀を止めようとはしなかったといいます。

・明治維新後、明治政府は急速に西洋化を推進し、それ以前の文化や風習を否定するような政策を連発しました。その結果、日本の各地で反乱が起こり、多くの人名も失われました。

・久光は、このような西洋化によって失われる日本の文化や風習を守らんとして、昔ながらの姿形を頑なに守ったとされています。