HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

島津久光



 島津久光は、重富島津家当主、のち玉里島津家初代当主であり、幕末から明治時代初期での日本の政治家である。

 幕末の薩摩藩での事実上の最高権力者として公武合体運動を推進したことで知られ、明治新政府では内閣顧問、左大臣を歴任している。

 久光は、文化14年(1817年)薩摩国鹿児島郡で出生する。幾多のことがあって成人し、文久2年(1862年)、公武合体運動推進のため兵を率いて上京する。しかし、公武合体運動は挫折し、倒幕の決断をすることになり、やがて明治維新を迎えた。




偉人のプロフィール 〔島津久光〕のプロフィール。
〔島津久光〕

島津久光の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕