HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

親鸞



 親鸞は、承安3年(1173年)、現在の法界寺、日野誕生院付近で出生した、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の僧である。浄土真宗の宗祖とされる。

 法然を師と仰ぎ、法然による〔浄土往生を説く真実の教え〕の教えを終生に渡って実践し、さらに高めるよう努力した。

 各地に細やかな念仏道場を設けて説教をすることがあっても、独自の寺院を持つことはしなかった。親鸞の思想は、彼の没後になって宗旨として確立される事になる。『顕浄土真実教行証文類』が完成する寛元5年(1247年)が、浄土真宗の立教開宗の年とされるが、これは親鸞の没後のことである。




偉人のプロフィール 〔親鸞〕のプロフィール。
〔親鸞〕

親鸞の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕