HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

春日八郎



 春日八郎は、日本の流行歌歌手・演歌歌手である。

 戦後、歌謡曲から演歌の時代に変わろうとする時代、1952年に『赤いランプの終列車』を歌って大ヒットを飛ばした。

 そして、その2年後の1954年には歴史に残る空前の大ヒット曲『お富さん』を歌って歌謡曲の世界に燦然と輝いた。


 春日八郎は、浅草でクラシックの正統派歌手である藤山一郎の歌う姿にふれ、いつか自分もあのような歌手になろうと憧れるようになり、福島県から歌手を目指して上京した。

 現在の東京音楽大学を卒業後、新宿にあったキャバレー、ムーラン・ルージュで歌手的生活をしていたが、ヒットもなく赤貧状態の生活をして過ごした。そんな中、1948年、キングレコード主催の〔第1回歌謡コンクール〕で合格し、〔歌川俊〕の芸名で準専属歌手の地位を得る。

 3年間におよび、先輩歌手の前座で歌うなどの赤貧時代を過ごした後、作曲家江口夜詩の家で家事、掃除などを手伝いながら歌を作ってもらうよう願い続ける。その間も歌手としての声が出せるような努力も続けた。

 ついに、1952年に江口による最初の曲『赤いランプの終列車』は発売となり、大ヒットを博し世に名を知られるようになった。そして、2年後の1954年になると『お富さん』を歌い、これが歴史に残る空前の超大ヒットとなり、125万枚を売り上げる。現在に至るまでこの曲ほど多くの国民に歌われた曲は珍しいほどで、その年の第5回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしている。

 その翌年には、『別れの一本杉』をヒットさせるなど、従来の〔流行歌〕とはちょっと趣のことなる望郷歌謡曲を次々とヒットさせ、衰退すつつあった流行歌の時代から、新天地〔演歌〕の時代を切り拓いたのである。

 こうして、演歌の時代は春日八郎に始まり、それに引き続いて、三橋美智也や三波春夫、村田英雄、島倉千代子、美空ひばりらが演歌を歌い始め、少し時代が経つと、北島三郎や都はるみが参入して演歌最盛期を迎えることとなったのであった。

『お富さん』 『母の便り』 『別れの一本杉』
『東京の蟻』 『山の吊橋』 『別れの燈台』
『長崎の女』 『長良川旅情』 『風林火山の歌』
『大阪の灯』 『ロザリオの島』 『たそがれの砂丘』
『花かげの恋』 『雨降る街角』 『波止場で待ちな』
『望郷詩』 『さよなら宗谷』 『赤いランプの終列車』
『あん時ゃどしゃ降り』


偉人のプロフィール 〔春日八郎〕のプロフィール。
〔春日八郎〕

春日八郎の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕  春日 八郎(かすが はちろう)
〔本名〕  渡部 実(わたべ みのる)
〔別名・ペンネーム〕  歌川俊
〔称号〕  
〔時代〕  昭和時代、平成時代
〔生誕・生誕地〕  1924年10月9日
〔死没・死没地〕  1991年10月22日(満67歳没)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:福島県河沼郡会津坂下町
〔居住国:居住地〕  日本国
〔出身校・最終学歴〕  東洋音楽学校(現・東京音楽大学)卒業
〔職業〕  歌手
〔ジャンル・主題〕  歌謡曲・演歌
〔所属・党・派〕  レーベル:キングレコード
 事務所:春日プロ
〔活動・業績〕  
〔処女作〕  
〔代表作〕
『お富さん』 『母の便り』 『別れの一本杉』
『東京の蟻』 『山の吊橋』 『別れの燈台』
『長崎の女』 『長良川旅情』 『風林火山の歌』
『大阪の灯』 『ロザリオの島』 『たそがれの砂丘』
『花かげの恋』 『雨降る街角』 『波止場で待ちな』
『望郷詩』 『さよなら宗谷』 『赤いランプの終列車』
『あん時ゃどしゃ降り』

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕  





曲名リスト ◆〔探:探索〕 〔本:本人歌唱〕 〔カ:カバー〕 〔MNK…:カラオケ〕
〔春日八郎〕 歌手本人情報 この歌手のいろいろな情報
あ・ 青い月夜だ オリジナル歌唱 波止場 離れりゃ … 春日八郎
赤いランプの終列車 オリジナル歌唱本人歌唱:KuniakiTaneda懐メロカラオケ二家本義助吉澤周 白い夜霧の 春日八郎
足摺岬 オリジナル歌唱 つらい別れも 男で… 春日八郎
雨降る街角 オリジナル歌唱 辛いだろうが やぼは… 春日八郎
あれから十年たったかなァ オリジナル歌唱 暗い下宿の 四畳半 … 春日八郎
あん時ゃどしゃ降り オリジナル歌唱 あん時ゃどしゃ… 春日八郎
い・ 居酒屋 オリジナル歌唱 情をかけて はずさ… 春日八郎
う・ 浮草の宿 オリジナル歌唱 汽笛が聞こえる 港の… 春日八郎
海猫の啼く波止場 オリジナル歌唱 崩れた岸壁 洗う… 春日八郎
裏町夜曲 オリジナル歌唱 おまえがばかなら … 春日八郎
え・ 演歌ひと節 オリジナル歌唱 少しばかりの 不幸に… 春日八郎
お・ 大阪の灯 オリジナル歌唱 そぞろ歩きの 心斎橋… 春日八郎
男の舞台 オリジナル歌唱 男素顔を 化粧に… 春日八郎
お富さん オリジナル歌唱本人歌唱:Takashina1987OkeNipponKara 粋な黒塀 春日八郎
き・ ギター流し オリジナル歌唱 春が来たとて 行った… 春日八郎
北国の駅 オリジナル歌唱 暗い灯影が なおさら… 春日八郎
こ・ 小雨の駅にベルが鳴る オリジナル歌唱 そぼ降る小雨に 町は… 春日八郎
ごめんよかんべんナ オリジナル歌唱 まっていたのか … 春日八郎
し・ 下町坂町泣ける町 オリジナル歌唱 どうした どうした … 春日八郎
しのぶ宿 オリジナル歌唱 夢で今夜は 私を… 春日八郎
城下町 オリジナル歌唱 春日八郎
城下町の女 オリジナル歌唱 古き城下の 裏町に … 春日八郎
た・ 旅人 オリジナル歌唱 素足に下駄を … 春日八郎
つ・ 月の嫁入り舟 オリジナル歌唱 舟が行く行く 嫁入舟… 春日八郎
と・ 東京の蟻 オリジナル歌唱 おれはな おれはな … 春日八郎
な・ 長崎の女 オリジナル歌唱本人歌唱:niro1211懐メロカラオケChtayCheng 恋の涙か 蘇鉄の花が … 春日八郎
長良川旅情 オリジナル歌唱 思い出たどり 岸べに… 春日八郎
に・ 苦手なんだよ オリジナル歌唱 お客さんに … 春日八郎
は・ 博多流し オリジナル歌唱 逢いに来たとて … 春日八郎
母の便り オリジナル歌唱 暗い夜業の 灯の陰に … 春日八郎
ひ・ 瓢箪ブギ オリジナル歌唱 飲めや歌えや 世の中… 春日八郎
ふ・ ふたりの坂道 オリジナル歌唱 ちいさな 陽だまり… 春日八郎
ふるさと郵便 オリジナル歌唱 暗い灯影で また読み… 春日八郎
故郷は遠い空 オリジナル歌唱 どうせ戻らぬ 夢とは… 春日八郎
ま・ 街の燈台 オリジナル歌唱 夜の巷の 小ぬか雨 春日八郎
め・ 夫婦善哉 オリジナル歌唱 使やなくなる お金… 春日八郎
や・ 夜行列車 オリジナル歌唱 夜行列車よ 俺を… 春日八郎
山の吊橋 オリジナル歌唱本人歌唱:tsurugi8531 山の吊橋ゃ 春日八郎
ゆ・ 雪国の女 オリジナル歌唱 雪深い北国の … 春日八郎
る・ 流転子守唄 オリジナル歌唱 さんさ時雨か 雀の宿… 春日八郎
ろ・ ロザリオの島 オリジナル歌唱本人歌唱:BEGA1947 静かに響く 春日八郎
わ・ 別れの一本杉 オリジナル歌唱本人歌唱:abm00005KaraTubemasami narunaru 泣けた泣けた 春日八郎
別れの燈台 オリジナル歌唱本人歌唱:casey murakamiChtayChengOkeNipponKara 別れ 別れつらさに … 春日八郎
別れの波止場 オリジナル歌唱 そんなに泣きた… 春日八郎

ディスコグラフィー 〔春日八郎〕のディスコグラフィー。
1952年 赤いランプの終列車 デビュー曲
1953年 涙のジャガタラ船
雨降る街角
街の燈台
ギター流し
1954年 小雨の駅にベルが鳴る
博多流し
お富さん
裏町夜曲
瓢箪ブギ
青い月夜だ
1955年 男の舞台
別れの一本杉
流転子守唄
1956年 浮草の宿
月の嫁入り舟
別れの波止場
1957年 あん時ゃどしゃ降り
故郷は遠い空
苦手なんだよ
ごめんよかんべんナ
1958年 故郷は遠い空
別れの燈台
海猫の啼く波止場
居酒屋
1959年 山の吊橋
おケイちゃん
東京の蟻
あれから十年たったかなァ
足摺岬
1961年 長良川旅情
下町坂町泣ける町
1963年 長崎の女(ひと)/別れの夜汽車
1964年 ロザリオの島
雪国の女
1965年 大阪の灯/あの星と語ろう
夫婦善哉/泣きぼくろ
1966年 波止場で待ちな/ギター流して三年目
熱海の雨/湯の町峠
1967年 花かげの恋/ふるさとギター
浅草人情
1968年 倉敷の女/男の悔恨
たそがれの砂丘/おとこ同志
1969年 なみだ町
男の舞台/浮名ざくら
会津の女/桧原湖哀歌
別れ酒/城下町
1973年 雪国の女/花いちもんめ
1974年 惜別/波止場雨
1975年 天下泰平/友よ
1976年 北の酒場/終着駅はまだ遠い
或る女/ふるさとの女
1977年 望郷詩/故郷ってなんだろう
1978年 さよなら宗谷/海に歌えば
1979年 夜行列車/波止場ばなし
1980年 別れた故郷/港のみれん雨
1981年 ふたりの坂道/恋の長崎雨の町
1982年 美濃の女
1983年 矢切の渡し/港宿
1984年 その後のお富さん/再会お富
1985年 しのぶ宿/ふたりの明日
1986年 船長~男の潮騒~/ボトルを面舵に
1987年 演歌ひと節/未練雨
1988年 ああさすらい/人情居酒屋
1989年 人生酒/迷い鳥
1990年 旅人/新宿むかし通り ラストシングル