HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔梶田隆章〕

 

 梶田隆章は、埼玉県東松山市出身の物理学者、天文学者、理学博士である。彼の専門分野は、ニュートリノ研究であり、ニュートリノ振動の発見により、2015年にアーサー・B・マクドナルドと共にノーベル物理学賞を受賞した。

 東京大学卓越教授、同大特別栄誉教授、東京大学宇宙線研究所長で教授、兼同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長、東京大カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員、埼玉大学フェロー、東京理科大学理工学部物理学科非常勤講師などを務めている。

 尚、2017年度より朝日賞選考委員を務めている。



偉人のプロフィール

〔梶田隆章〕のプロフィール。

〔梶田隆章〕

梶田隆章の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 梶田 隆章
本名 梶田 隆章(かじた たかあき)
別名

称号

理学博士

時代

昭和・平成

生誕

1959年3月9日・埼玉県東松山市

死没

国籍 日本
言語 日本語
居住地

日本

学歴

埼玉大学理学部・東京大学大学院理学系研究科

職業

〔職業〕

 ・東京大学卓越教授 同大特別栄誉教授
 ・東京大学宇宙線研究所長・教授、兼同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長
 ・東京大カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員
 ・埼玉大学フェロー
 ・東京理科大学理工学部物理学科非常勤講師

分野

〔専門分野〕

 ・理論物理学
 ・天文学

所属

〔研究機関〕

 ・東京大学

業績

〔主な業績〕

 ・ニュートリノ振動の観測

作品

 『ニュートリノで探る宇宙と素粒子』

受賞歴

〔主な受賞歴〕

 ・朝日賞(1988年)
 ・ブルーノ・ロッシ賞(1989年)
 ・第45回仁科記念賞(1999年)
 ・パノフスキー賞(2002年)
 ・第1回戸塚洋二賞(2010年)
 ・日本学士院賞(2012年)
 ・ユリウス・ヴェス賞(2013年)
 ・ノーベル物理学賞(2015年)
 ・基礎物理学賞(2016年)
 ・中日文化賞(2016年)

名言

〔梶田隆章の名言〕



サイト

その他

 梶田隆章は、2015年にノーベル物理学賞を受賞しているが、その受賞理由は、ニュートリノ振動の発見である。これは、ニュートリノに質量があることを証明したことによる。