HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔堀辰雄〕

 

 堀辰雄は、明治37年(1904年)、東京府東京市麹町区生まれの日本の小説家である。それまでの日本の小説がとかく私小説的であったものを、西洋流の創作としてのロマン小説という文学形式を確立しようとした作家である。


 堀辰雄のおもな作品には、次のものなど多数がある。

 『風立ちぬ』     『冬』       『死のかげの谷』
 『ルウベンスの偽画』 『不器用な天使』  『聖家族』
 『燃ゆる頬』     『麦藁帽子』    『美しい村』
 『鳥料理』      『物語の女』    『更級日記など』
 『ヴェランダにて』  『かげろふの日記』 『幼年時代』
 『菜穂子』      『曠野』      『花を持てる女』
 『ふるさとびと』   『大和路・信濃路』 『雪の上の足跡』



偉人のプロフィール

〔堀辰雄〕のプロフィール。

〔堀辰雄〕

堀辰雄の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・堀 辰雄(ほり たつお)

本名

〔本名〕
・堀 辰雄(ほり たつお)

別名

受賞歴

時代

〔時代〕
・明治時代末期~昭和時代前期

生誕

〔生誕〕1904年(明治37年)12月28日
〔生誕地〕東京府東京市麹町区麹町平河町五丁目

死没

〔死没〕1953年(昭和28年)5月28日(48歳没)
〔没地〕長野県北佐久郡軽井沢町
〔墓所〕多磨霊園

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・東京帝国大学国文科
 (学士:文学)

職業

〔職業〕
・日本の小説家

分野

〔ジャンル〕
・小説
・随筆

〔活動期間〕
・1925年~1947年

所属

〔文学活動〕
・新心理主義
・王朝女流文学

業績

〔業績〕
・以前には私小説的だった日本の小説の流れに対して、意識的にフィクションによる「作りもの」としての西洋流の小説という文学形式を確立しようとした。

・日本の古典や王朝女流文学の中にも、フランス文学的な心理主義を導入してそれらを融合させることによって独自の文学世界を創り出した。

・軽井沢で肺結核の療養をした経験を活かし、そこを舞台にした作品を多く残した。

作品

〔作品〕
 『聖家族』
 『風立ちぬ』
 『かげろふの日記』
 『菜穂子』
 『大和路・信濃路』

 『ルウベンスの偽画』
 『不器用な天使』
 『燃ゆる頬』
 『麦藁帽子』
 『美しい村』
 『鳥料理』
 『物語の女(1934年)』
 『更級日記など』
 『ヴェランダにて』
 『幼年時代』
 『曠野』
 『花を持てる女』
 『ふるさとびと』
 『雪の上の足跡』など

名言

〔堀辰雄の名言〕



サイト

その他

 軽井沢に堀辰雄文学記念館がある。

 (長野県北佐久郡軽井沢町大字追分662)