HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

法然



 法然は、長承2年(1133年)現在の岡山県久米郡久米南町に生まれた平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧である。

 初期には、比叡山で天台宗の教学を学び、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説いた。後に浄土宗の開祖と仰がれるようになる。

 浄土宗では、善導を高祖、法然を元祖と崇めている。『選択本願念仏集』を著し、念仏を体系化したことで日本での称名念仏の元祖と称されている。




偉人のプロフィール 〔法然〕のプロフィール。
〔法然〕

法然の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕