HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔法然〕

 

 法然は、長承2年(1133年)現在の岡山県久米郡久米南町に生まれた平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧である。

 初期には、比叡山で天台宗の教学を学び、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説いた。後に浄土宗の開祖と仰がれるようになる。


 浄土宗では、善導を高祖、法然を元祖と崇めている。『選択本願念仏集』を著し、念仏を体系化したことで日本での称名念仏の元祖と称されている。



偉人のプロフィール

〔法然〕のプロフィール。

〔法然〕

法然の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・法然(ほうねん)

本名

〔本名〕
・法然(ほうねん)

別名

〔尊称〕元祖法然上人
〔幼名〕勢至丸
〔通称〕黒谷上人・吉水上人
〔房号〕法然
〔諱〕源空(げんくう)
〔謚号〕
・慧光菩薩
・華頂尊者
・通明国師
・天下上人無極道心者
・光照大士

〔大師号〕
・円光大師
・東漸大師
・慧成大師
・弘覚大師
・慈教大師
・明照大師
・和順大師
・法爾大師

・大師号は、500年遠忌の行なわれた正徳元年(1711年)以降、50年ごとに天皇より加謚され、平成23年(2011年)現在は上記となっている。

〔別名〕
・浄土宗の開祖
(浄土宗では善導を高祖、法然を元祖と崇める)
・称名念仏の元祖
・法然上人
・源空上人
・本師源空
・源空聖人

・浄土真宗では、法然を七高僧の第七祖とし、法然上人・源空上人と称し、元祖と位置付ける。親鸞は、『正信念仏偈』や『高僧和讃』などにおいて、法然を「本師源空」や「源空聖人」と称し、師事できたことを生涯の喜びとした。

受賞歴

時代

〔時代〕
・平安時代~鎌倉時代

生誕

〔生誕〕長承2年(1133年)(平安時代)
〔生誕地〕美作国(現・岡山県)

死没

〔死没〕建暦2年(1212年)(鎌倉時代)(79歳没)
〔没地〕洛東大谷(現在の知恩院付近)
〔墓所〕京都市嵯峨野・二尊院
〔廟〕
・知恩院
・金戒光明寺
・法然寺
・粟生光明寺

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

〔職業〕
・平安時代末期~鎌倉時代初期の日本の僧

分野

〔ジャンル〕
・日本の宗教

所属

〔宗旨〕
・浄土宗

〔寺院〕 ・法然自身は寺院を建立していない。

業績

〔業績〕
・法然は、はじめ比叡山で天台宗の教学を学び、承安5年(1175年)、専ら阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄土宗の開祖と仰がれた。

・『選択本願念仏集』(『選択集』)を著すなど、念仏を体系化したことにより、日本における称名念仏の元祖とも称される。

・浄土真宗では、法然を七高僧の第七祖とし、法然上人・源空上人と称し、元祖と位置付ける。浄土真宗の宗祖、親鸞は、法然を「本師源空」や「源空聖人」と称し、師事できたことを生涯の喜びとした。

作品

〔作品〕
 『選択本願念仏集』
 『黒谷上人語灯録』
 『西方指南抄』
 『一枚起請文』
 『法然の手紙 愛といたわりの言葉』

名言

〔法然の名言〕



サイト

その他