HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

北条時宗



 北条時宗は、1251年、鎌倉幕府執権職を世襲する北条氏の嫡流得宗家に生まれた鎌倉時代中期の武将であり政治家である。その時代は、世界帝国を誇ったモンゴル帝国が日本国に圧力を掛ける時代であり、鎌倉幕府第8代執権に就任した。

 内政では得宗権力の強化を図ったが、最大の事態はモンゴル帝国の来襲に対応することであった。二度にわたる元寇の侵攻を受けたが、幸いに発生した台風によりモンゴル軍が壊滅した。

 後世、この台風は〔神風〕と呼ばれ、時宗は日本の国難を救った英雄と崇められるようになる。しかし、神風の名称は、太平洋戦争末期の特攻隊に名付けられた悲しい物語が続く。




偉人のプロフィール 〔北条時宗〕のプロフィール。
〔北条時宗〕

北条時宗の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕