HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

室生犀星



 室生犀星は、石川県金沢市生まれの詩人で小説家である。彼は私生児として生まれ、生後間もなく生家近くの真言宗寺院に引き取られ、実の両親に会ううこともなく成長した。

 1902年、高等小学校を中退し金沢地方裁判所の給仕として就職し、上司から俳句の手ほどきを受ける。1904年に新聞へ投句を始め、『北國新聞』に初掲載される。

 1913年、北原白秋に認められ白秋主宰の詩集『朱欒(ざんぼあ)』に寄稿するようになる。1916年には萩原朔太郎と同人誌『感情』を発行し、中央公論などから注文がくるようになる。1929年には初の句集『魚眠洞発句集』を刊行している。戦後は小説家として活躍した。




偉人のプロフィール 〔室生犀星〕のプロフィール。
〔室生犀星〕

室生犀星の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕